会津下郷町のそば畑
今月上旬、主宰する写真クラブの撮影会で南会津方面のそば畑に出かける。
続いて向かった下郷町も、そば畑が多く見られることで知られている。

猿楽台地のそば畑。
整然とした一面のそば畑に圧倒される。
ここの魅力は、朝景の撮影ポイントと同じ場所を振り返ると、夕景の撮影ポイントになる。


夕景撮影に訪れると、ギラギラの夕日だった。
下郷そば畑夕景
輝くそば畑を捉えようとしたが、アングルをこれ以上あげるとゴーストが強く入ってしまう。
ゴーストが目立たないギリギリのところでカット。
プレビューボタンで絞り込み、ゴーストを確認しながら撮影している。



十文字地区は、起伏のあるそば畑が広がってのどかな風景だ。
下郷そば畑
足元の農道にツユクサを見つけ、大きくフレーミング。
あまり主役にならない花だが、健気に咲く姿が可愛らしかった。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。
2009/09/22(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
南会津のそば畑
今月上旬、主宰する写真クラブの撮影会で南会津のそば畑に出かける。

まず、福島県南会津町のたかつえスキー場のそば畑。
パターゴルフ場跡地に観光用として植えられ、木立が点在し起伏あるロケーションは抜群だ。


たかつえソバ1
あまりにも広いため、広角レンズを使うと木々が小さく写って迫力に欠ける。
奥行きがかなりあるのでパンフォーカス撮影のためには、高い位置からの撮影が必要だ。
最前列の花に、隙間が無いようフレーミングするのがコツ。


ときおり日差しが差すような天気。
丘の斜面は、真っ白なそばの花に埋め尽くされている。
たかつえソバ3
この時期のグリーンは濃く、背景の木立を大きく見せると画面が重くなってしまう。
そこで、RAW現像時にシャドゥを明るくし、見た目の印象に近づけた。


上二枚のポイントから、高台へ移動。
たかつえソバ2
一本の白樺に焦点を絞り、雰囲気を重視して撮影。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。
2009/09/19(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
開田高原そば畑と水風景を撮る 1
先月下旬、風景写真出版主催の撮影会で長野県木曽町開田高原周辺に出かけた。

早朝から撮影開始。
昨晩から降っていた雨もようやく止み、ときおり背景の山に霧がたなびいていた。

木曽馬の里に咲くそばの花はすでに後半で少々色あせていたが、
道ばたに植えられたコスモスやオミナエシはちょうど満開を迎え、彩りを添えている。
水滴がキラキラ輝き、フォトジェニックな世界が広がっていた。
09開田高原1
コスモスを大きくフレーミングし、高原に咲く花畑を表現してみた。
ブルー味を出して早朝の雰囲気に仕上げている。
オミナエシの方に移動すると電気柵が見えてくるので注意した。


コスモスに水滴が付いていた。
09開田高原2
望遠接写で撮影。
先端の花びらが、まるで花の風車のようだったのでぼかしてみた。
よく見ると、水滴の中にも花が写っているのが愛らしい。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。
2009/09/11(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
開田高原の夏景色を撮る 1
8/21~22に、風景写真出版主催撮影会「開田高原の夏景色を撮る」が開催される。

すでにそば畑が見頃を迎えている場所もあるようだが、撮影ポイントの一つ、木曽馬の里ではこれからオミナエシやコスモスと、初秋の花が彩りを添える。

以前訪れた開田高原。
開田高原1
オミナエシとコスモスが咲く姿を主体にフレーミング。
やや明るめに露出して、高原の爽やかさを見せた。


背景を白樺林にして初秋の高原風景を捉えてみた。
開田高原2


ペンタックス645NⅡで撮影。

開田高原観光案内所によると、コスモスはもうすぐ咲き始めるそうだ。
ちょうど撮影会のころに重なるのではないだろうか。。


撮影会のお知らせ
8/21~22に開田高原周辺バス撮影会を開催いたします。(風景写真出版主催)
東京出発の車中泊日帰りの設定で、木曽御嶽山の裾野に広がる開田高原を訪ねます。

この時期、あちらこちらに植えられているソバ畑の真っ白な花畑を見ることができます。
その後、美しい滝や流れのある水風景をたっぷり撮影します。

問い合わせ 風景写真出版 TEL 03-3815-3605
2009/08/12(Wed) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
開田高原そば畑
季節を先取りし、紅葉の原稿に追われている日々日常。
今週後半から、ようやく夏らしい天気になるというのでホッとする。
これ以上、農作物などに影響しないよう願いたい。

農作物といえば、今月後半に風景写真出版が主催する開田高原撮影会でそば畑を訪ねる。
開田高原観光案内所によると、木曽馬の里にあるそば畑が今週末辺りからそろそろ見頃になるとのこと。
ソバは比較的に花期が長いので、撮影会のころは別の畑もちょうど見頃を迎えるだろう。


以前撮影した、木曽馬の里のそば畑。
霧が漂う早朝はブルーに染まり、なんともフォトジェニックな世界だ。
開田ソバ畑

ペンタックス645NⅡ FA45mmF2.8で撮影。


撮影会のお知らせ
8/21~22に開田高原周辺バス撮影会を開催いたします。(風景写真出版主催)
東京出発の車中泊日帰りの設定で、木曽御嶽山の裾野に広がる開田高原を訪ねます。

この時期、あちらこちらに植えられているソバ畑の真っ白な花畑を見ることができます。
その後、美しい滝や流れのある水風景をたっぷり撮影します。

問い合わせ 風景写真出版 TEL 03-3815-3605
2009/08/04(Tue) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る