スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 風景写真 11-12月号
掲載誌を紹介。

10月20日発売の風景写真11-12月号で、連載「パンフォーカスの聖地」と技法特集に掲載されている。

とくにおススメは、技法特集の「ワンランク上の朝景・夕景撮影」。

朝夕の風景をそれぞれ時間を追って撮影している。
どちらも4×5サイズの大判カメラで撮影しているが、4点も変化のある作品を出すのに少々苦労した。

あと、関心の高いハーフNDフィルターの使用法も載っている。
画面内のどこにかけるかわかりやすく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

「パンフォーカスの聖地」で紹介している新潟県の笹川流れも、ハーフNDフィルターを使っている。

現地でよく見かけるのは、ハーフNDフィルターをホルダーに入れずに手持ちで撮影している。
このやり方では、境目を正確な位置に持っていくことはできないので、良い作品を作るためにも面倒がらずにホルダーにセットするのが基本だ。

また、デジカメの方は、白飛びしない露出で撮影すればRAW現像ソフトでハイライトを落とすことが可能なため、ハーフNDフィルターと同じ効果を出せるので挑戦してみて欲しい。


風景写真11-12表紙


スポンサーサイト
2009/10/19(Mon) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
トップ画面の入れ替え
トップ画面を入れ替えた。

大石公園は、河口湖の向こうにそびえる富士山のロケーションが素晴らしいところだ。
7月に入ると、湖岸のラベンダーが咲き誇り彩りを添える。

朝景を撮影しようと夜中から三脚が並ぶ撮影スポットで、誰もがラベンダーと富士山を狙う。
が、ふと東を見ると、朝日が湖に差し込み始め、爽やかな雰囲気が漂っていた。

空とラベンダーの露出差が大きいため、ハーフNDフィルターで空の明るさをコントロールしている。

山梨県富士河口湖町大石公園
7月上旬 5:00ごろ
2009/06/17(Wed) | 撮影地ガイド | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。