スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 風景写真 2014 5-6月号
掲載誌を紹介。

2014風景写真5-6月


発売中の風景写真5-6月号で、特集記事を書いています。


パンフォーカスの基礎知識から、大型カメラ向けにアオリを使った高度な表現までを、萩原史郎先生とともに解説しています。
白帯編から師範編まで丁寧に解説する内容は、なかなか必見!!です。(^o^)

スポンサーサイト
2014/04/21(Mon) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 風景写真 11-12月号
掲載誌を紹介。

10月20日発売の風景写真11-12月号で、いくつかの記事が掲載されている。

1つはペンタックス645Dの実写レポート。

表現の難しい被写体と自然条件で撮影したが、いずれもフィルムを越える描写力を持っていることが実感できた。
フルサイズのデジカメに比べて高感度特性などは望めないものの、抜群の解像力は4×5判はおろか、5×7判のカメラを越えるだろう。
その描写力は誌面の作品を見ると分かるだろう。


また連載記事の「パンフォーカスの聖地」は、山梨県の本谷川渓流。

ここの魅力は、道路から簡単に流れに近づけることと、カメラマンも少ないためじっくり被写体を探すことができる。
これから落ち葉の季節もオススメなので、撮影レシピを参考に流れの写し方をマスターして欲しい。

2年間連載していた、こちらのページはこれで最終回。
とくにこの一年間は、デジタルカメラでの作品を掲載した。
デジタルカメラだからといって安直に写さず、フィルムと同じようにじっくりと風景を見据えて捉えてきた。
さらに、デジタルの特性を活かした表現で撮影してきたものばかりである。
撮影ガイドも含め、さまざまなアドバイスが参考になっているなら嬉しい限りだ。


2010風景写真11-12


2010/10/20(Wed) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 風景写真 9-10月号
掲載誌を紹介。

8月20日発売の風景写真9-10月号で、連載「パンフォーカスの聖地」に掲載されている。

今回は撮影スポット人気上昇中の南会津の観音沼。
雨の風情をたっぷりお楽しみください。

何と言ってもここのお勧めはの紅葉の美しさだが、どんな時期でも被写体を探すことができるのがこの沼の魅力だろう。
ちなみに今年からは、大駐車場が新設されて有料になっている。


風景写真10.9-10


撮影会参加者募集のお知らせ。

9月7日(火)~9日(木)と夜行プラス1泊でバス撮影会を開催する。(風景写真出版主催)

行き先は、この時期見頃を迎える福島南会津のソバ畑二景を訪ねる。
朝景のチャンスが2回あり、夜空の撮影も盛り込まれ、なかなか忙しい撮影会になりそうだ。
他に、水辺の景色も出かけるのでお楽しみに。

バス発着は、アクセスに便利な東京新宿になっている。
フィルムカメラ、デジタルカメラを問わず、たくさんの参加をお待ちしています。

お問い合わせ 風景写真出版 撮影会係 TEL 03-3815-3605
ツアーの詳細はwebページに出ています。

2010/08/20(Fri) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 風景写真 7-8月号
掲載誌を紹介。

6月19日発売の風景写真7-8月号で、巻頭口絵と連載「パンフォーカスの聖地」に掲載されている。

巻頭口絵「変幻・海の景」という総タイトルで海景色を特集しているが、その中で僕も発表している。
海のパワーという構成で、今年デジタルカメラで撮影した房総から九十九里の海を3点出している。

また、来年2011年度のフォトコンテストのテーマ部門「海」に、僕が審査員になっている。
今からせっせと写して、唸らせるような作品をどんどん応募して欲しい。

連載の「パンフォーカスの聖地」では、人知れずの滝を掲載している。
滝100選から撮影することもよくあるが、こうしたあまり知られていない滝を辿るのも好きだ。
案外、名瀑もあり、探し出したときの喜びは計り知れない。

どうぞじっくりご覧ください。

風景写真7-8




2010/06/18(Fri) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
春の花を追いかけて・2010 vol.1
4月下旬、主宰する写真クラブふぉとくらぶ遊の写真展が終わり、短い撮影取材に出かける。
折しもGW中だったが、ETC割1,000円はかなりお得で、遠い取材地へ一気に行くにも気が楽だ。

今回は人気のある撮影スポットは避け、再度訪れたかった地へ向かう。

まず、福島県三島町にある大林ふるさとの山へ。
今年は寒さが続いたせいでカタクリの開花が遅く、同じ斜面に植えられたオオヤマザクラと一緒に咲きそうだ。

風景写真3-4月号でここを紹介したが、反響もあったのだろう。
早くから町のHPに開花状況がアップされていたっけ・・・

好天続きで開花が進み、カタクリと一緒にサクラを捉えることができた。
2010.5.2カタクリ
すき間無く咲いている場所を選び、奥まで咲き覆っている姿をパンフォーカスで表現した。
午後の斜光線に木々の影が伸びて立体感が増した。
広々と写すことができて嬉しくなる。


再度5/5に訪れて撮影したもの。
数日前に写したポイントは見頃が過ぎてしまったため、別の群生地で撮影。
山が広いため、長期にわたって撮影できるのも特長だ。
2010カタクリ4
手前に咲き揃ったサクラを大きく取り入れて、雰囲気を盛り上げた。


遊歩道の片隅で見つけた可愛らしい被写体。
ツクシに寄り添うように咲いていた。
2010カタクリ2
最短撮影距離の短い望遠レンズで引き寄せた。
望遠レンズ特有の、バックのボケがきれいだ。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。

2010/05/13(Thu) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。