2014撮影日和 5月編 7
こちらも山形県西川町。

まだ多くの雪が残るブナの森に入ると、雪に閉じ込められてた低木が起き上がり始めていました。
2014山形春6
広角レンズで足元の低木を主体にフレーミングし、奥に雪解けの川を見せて季節の移りゆく様子を見せています。

EOS-5DMarkⅢで撮影。

2014山形春4
根開けの始まった森で、特徴的なブナの姿を捉えました。
雨に濡れる幹の質感を瑞々しく描写。

2014山形春5
望遠レンズでブナの新緑を狙ってみました。
葉の先に雨のしずくが光り、やや明るめに露出して爽やかさを出しています。

X-T1 で撮影。
2014/08/16(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 6
こちらは、雪がまだ残る山形県西川町月山山麓の地蔵沼。

2014山形春2
芽吹き始めた木々の緑が柔らかく、雪が残る沼を広くフレーミングして遅い春の訪れを表現しました。
芽吹きの色合いを出すために、X-T1のアスティアモードで撮影しています。

2014山形春1
静かな沼に映り込む、木々の姿を抽出しました。

X-T1で撮影。

2014山形春3
沼の畔に立つブナの新緑と、背後に雪残る水面を見せて季節感を表現しています。

EOS-5DMarkⅢで撮影。
2014/08/15(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
北東北新緑日記 Vol.8
こちらも岳岱自然観察教育林内で撮影したカット。

岩の間から湧水が流れ出している。
2012北東北新緑20
岩の上に生えるブナと根元から湧き出る水を、超広角レンズでフレーミングする。
シダを中央に配して瑞々しさを表現した。


続いて八幡平に訪れる。

標高が上がるにつれて新緑から芽吹きの世界に変わっていき、残雪も多く見られるようになった。
2012北東北新緑22
樹林帯の中に夕日に輝くダケカンバを見つけた。
400㎜の超望遠レンズで残雪と共にフレーミングしている。


EOS-5DMarkⅢで撮影。
2012/08/22(Wed) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
北東北新緑日記 Vol.7
秋田県藤里町にある岳岱自然観察教育林に向かう。
6月上旬に訪れた時は、ほんの少し雪も残っていた。


木道を進むと、シダや蔦が生える1本の樹を見つける。
2012北東北新緑19
超広角レンズでシダの生える様子を大きく捉え、周囲の環境を見せた。


ブナの幹に寄生するシダ。
2012北東北新緑17
望遠レンズで逆光に輝くシダを引き寄せた。
古木の樹肌を見せて、共存する様子を描く。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2012/08/21(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012会津芽吹き紀行 最終回
こちらも磐梯高原。
山の斜面は芽吹きの木々やブナの新緑、ヤマザクラが咲き出し、グリーン一色になる前の貴重な情景だ。


2012.5会津18
斜面に咲く山桜とブナの新緑や芽吹きの木々など、バランス良くフレーミング。
道路ギリギリに下がり、望遠レンズで木々を立ち上げた。
春がすみで全体がけむっているため、偏光フィルターでクリアーにしている。


2012.5会津19
望遠レンズで一本の芽吹きの木を狙い、背景が山桜になるよう撮影位置を決める。
ややハイキーに仕上げ、優しい春の表情を描写した。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2012/06/14(Thu) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ