タイトル画面の変更
9月に入ったのでタイトル画面を変更した。
これからの撮影に影響が出てくるので、涼しさが一気に加速して欲しいものだ。


神奈川県箱根にある仙石原はススキの名所である。
草原全体が一面ススキに変わり、穂波が銀色から夕方になると黄金色に輝き出す。


仙石原ススキ2

夕日に輝くススキを背景の暗い部分に配置して、輝きを引き立てている。


10月中旬、神奈川県箱根町仙石原。
ペンタックス645NⅡで撮影。
2012/09/05(Wed) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の変更
ただいま紅葉の原稿に追われているが、合間を縫って先月訪ねた北東北の作品を少しずつアップできればと思う。

その前に、気分を変えるためにもタイトル画面を変更しよう。

長野県開田高原にある尾の島の滝は、御嶽行者の霊場として知られている。
滝の側まで近づくことができるため、涼しいなかでの撮影はこの時期嬉しい。
滝は一日中、日が射し込むことも少ないので、フィルムはもとより、デジタルカメラもホワイトバランスを太陽光に設定して撮影すると青みのある水景色になるだろう。


開田高原滝2

清涼な雰囲気たっぷりな滝から、勢いよく下っていく流れに着目した。
スローシャッターにして白い流れを中心に、遠くに滝の落水を取り入れている。


8月下旬、長野県木曽町開田高原。
ペンタックス645NⅡで撮影。

2012/07/17(Tue) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の変更
ここ数日の暖かさで、東京のしだれ桜やソメイヨシノが満開を迎えた。
雑務の合間を縫って、庭園の桜などを訪ねている。

遅くなったがタイトル画面を変更した。

先月のフジフイルムスクエアで開催された「花咲けニッポン!」の桜の写真展で、大きく伸ばしてあった舟川の夕景。
川に沿ってソメイヨシノの並木が続き、夕日を浴びた桜が優しい色を放っていた。

舟川2


満開の桜は、川まで届くほどに枝を大きく広げていた。
枝と流れの部分のバランスを考えながらフレーミングしている。
スローシャッターで水流を美しく表現した。

4月中旬、富山県朝日町。
ペンタックス645NⅡで撮影。

2012/04/07(Sat) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の変更
3月に入って気温がめまぐるしく変化し、三寒四温の言葉が頭に浮かぶ。
これでだいぶ遅れている梅の開花が進むことだろう。

タイトル画面を変更した。

雪どけとともに顔を出す水芭蕉はとても清楚だ。
水が清らかな場所に咲くほど姿が小さいといわれる。

ヘッダー用水芭蕉2

朝陽を浴びた湿原に水芭蕉が咲いていた。
同時に伸び出した草にも、朝露が逆光に光っている。
花がバランス良く咲いている場所を選び、撮影位置を低くして包が透ける清々しい湿原を描いた。


5月上旬、群馬県片品村。
ペンタックス645NⅡで撮影。
2012/03/02(Fri) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の変更
今年は一段と寒さが厳しい。
次から次へとくる寒波で大雪に見舞われて、雪の多い地域の方は大変だろう。
撮影へも、天気や道路状況を十分確認してお出かけください。

2月に入り、タイトル画面を変更した。

福島県猪苗代町の猪苗代湖は、冬になると白鳥が飛来する。
餌付け場所の白鳥浜で待っていると、時間になると飛んでくる。
羽を広げて舞い降りる姿はとても優美だ。

ヘッダー用冬の猪苗代2
一面の雪原になっている田んぼは、晴れて眩しい雪景色を見せていた。
手前にススキを配置し、白鳥がバランスの良い位置に舞い降りてくるのを待った。
また雪原の起伏を取り入れ、逆光気味でブルーの影を効かせている。


ペンタックス645NⅡで撮影。

2012/02/03(Fri) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ