FUJIFILM Xシリーズ オンラインギャラリーに作品アップしています
10月も慌ただしい日々でしたが、合間を縫って紅葉取材に出かけていました。
気がつくと、X-T1ばかり使っています。

X-Photographers
は、様々な分野で活躍する写真家が、「FUJIFILM Xシリーズ」で撮影した作品を集めたオンラインギャラリーです。
僕の作品もアップしていますので、どうぞご覧ください。

斎藤友覧ギャラリー
http://fujifilm-x.com/photographers/ja/tomomi_saito/#01
2015/11/05(Thu) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の変更
グループ展が近づき何かと慌ただしいが、合間で少しずつアップしていこう。

まずはヘッダー画面から。

紅葉シーズンは人気のある福島県下郷町の観音沼も、冬の時期に訪れる人は少ない。
厳冬期になると沼の葦も倒れて一面白い世界に変わり、岸辺を歩くのも困難だ。
この時期はまだ積雪も少なく水面も見えるため、冬の表情が楽しめる。

2013ヘッダー12月2

雨から雪に変わり、見る見るうちに岸辺を白く覆っていった。
降りしきる雪を表現するためにシャッタースピードを速くするする必要があり、ISO感度を変えて最適なシャッター速度で撮影した。

12月撮影。

EOS-5DMarkⅡで撮影。

※12月12日(木)から始まるphotographers9人展でも、こちらの作品は和紙にプリントして展示いたします。

2013/12/05(Thu) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2013冬の色 最終回
雪深い野尻川でも、確実に春は訪れている。

2013冬奥会津5
雪が積もった川岸の枝を見ると、コブシの芽がふくらんでいる。
水流を流して表現するため、ND16フィルターを使いスローシャッターで撮影している。


夜、見事に成長した氷柱を宿の窓から撮影。

2013冬奥会津2
ライトアップされた遠景の樹が吹雪の中に浮かび上がり幻想的だ。
樹をメインに上部に氷柱を入れてフレーミング。
ホワイトバランスを太陽光の設定で撮影している。


2013冬奥会津3
こちらは、ホワイトバランスを蛍光灯にして撮影している。


2013冬奥会津4
色温度を太陽光よりも低い4000Kで撮影し、赤みを少し抑えてみた。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2013/04/08(Mon) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2013冬の色 11
こちらも金山町野尻川。


2013冬奥会津9
岸辺の木をアクセントに冬の川を描いた。
流れと木立のバランスの良い位置から撮影するのがポイントだ。


2013冬奥会津6
雪がやんだ直後、遠景が一瞬明るくなりモノトーンの世界に赤みが差した。
杉木立との配置を考えてフレーミングしている。


EOS-5DMarkⅢで撮影。
2013/04/06(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2013冬の色 10
例年は3月に入ると冬型が崩れて晴れ間が見える時期だが、今年は残念ながら寒気が長く居座りまだまだ冬の色が続いていた。

橋から叶津川を捉える。
2013冬奥会津10
豪雪地帯らしく雪たっぷりな川の姿を捉えた。
蛇行する流れを見せて奥行きを確保した。

こちらは金山町野尻川。

2013冬奥会津7
川岸の立ち木を活かして雪の川を見せた。
ND16フィルターを使って、緩やかな流れを捉えている。

EOS-5DMarkⅢで撮影。
2013/04/05(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ