赤城 栗の原生林 2
赤城ふれあいの森は栗の原生林があり、古木が点在している。

森の中には倒れた樹もあり、まるでオブジェのように見えてくる。
頭の中で、「森のドラゴン」とネーミングを浮かべながら撮影。
赤城 森のドラゴン
周囲の森の雰囲気を活かしながら、やや広くフレーミングした。


この森には、「栗太郎」と呼ばれるひときわ大きい栗の巨樹がいる。
瘤がいくつもある幹にはツタが這い、重厚な面持ちだ。
寄生木と共存しながらたくましく生きている姿を捉えようと、樹の周りを廻っていろいろな角度から撮影する。
赤城 栗太郎
樹の真下から超広角レンズで見上げて撮影し、樹肌を鮮明に見せて迫力を出した。
新緑が透けて、瑞々しさがいっそう美しく見える。

見上げて樹を写す注意点は、四隅に注意し白く抜けないように気を配ること。
新緑が暗くならないように思い切ったオーバー露光をするが、失敗しないように段階露出は欠かせない。
EOS-1DsMARKⅢ 17-40mm +1EVで撮影。
2009/06/30(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
赤城 栗の原生林 1
レンゲツツジの撮影と一緒に、赤城ふれあいの森を訪ねた。

ここには栗の原生林があり、遊歩道で一周できるエリアに栗の原生木が点在している。
残念ながら霧は出なかったが、見上げると新緑が眩しい。

手を広げるように立つ古木の前には、朽ちた樹が横たわっていた。
赤城 森に還る
超広角レンズで倒木にせまり、絞り込んでパンフォーカス描写し、やがて自然に還る姿を表現した。


朽ちている樹からはカエデなど別の木が育ち、共存して生きている。
赤城 栗の古木
超広角レンズで印象的な部分を抽出。

超広角レンズの特性である人間の視覚を超えた描写が、別の世界を見せてくれた。
森の撮影では、作者の狙いをハッキリと表現することができる。

EOS-1DsMARKⅢで撮影。
2009/06/29(Mon) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る