掲載誌の紹介 風景写真 11-12月号
掲載誌を紹介。

2014風景写真1112月号

発売中の風景写真11-12月号で、巻頭特集の「宙と街と光」に作品提供しています。

デジタルカメラの高感度特性のおかげで夜の景色も再現できるようになりました。
いろいろな被写体に挑戦することで、きっと皆さんも眠れぬ夜が増えていくのでしょう。(^_^;)

2014/10/21(Tue) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2013秋景色回想 Vol.2
こちらも乗鞍。
山頂に宿泊し、早朝から撮影を開始する。
今日は天気も良さそうだ。

明け行く空に星空が美しかった。
2013乗鞍秋4
遠くには松本市街の明かりが見え、手前には雲海に覆われた乗鞍高原が幻想的に沈んでいる。
超広角レンズで星空を大きくフレーミングし、夜明けの神秘的な風景を描いた。


日の出直前に空の赤みが増し、雲海の青さとコントラストが際立っていた。
2013乗鞍秋5
朝焼け空と雲海を望遠レンズで捉え、山並みの重なりに注意してフレーミングしている。
空と雲海のディテールを引き出すため、RAWデータから画像処理して仕上げた。
画像が荒れないように感度はISO400・10秒で撮影。

EOS-5DMarkⅢで撮影。
2013/11/19(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
宮ヶ瀬クリスマスイルミネーション撮影会のお知らせ
撮影会のお知らせです。

昨年も開催した宮ヶ瀬ダムクリスマスイルミネーションの撮影会を今年も実施いたします。
ライトアップや夜景の写し方をレクチャーした後、イルミネーション撮影の実習をおこないます。

撮影実習では露光間ズーミングなどの技法もご指導いたします。
参加費も無料なので、お近くの方や興味のある方はぜひご参加ください。


2012宮ヶ瀬ダムクリスマス撮影会1


クリスマスイルミネーションで光輝く宮ヶ瀬を撮影しましょう。

風景写真で知られる写真家斎藤友覧さんを講師にお招きしての開催です。(参加料無料

開催日時 平成24年12月15日(土)15時00分から20時00分 室内レクチャー と撮影実習をおこないます。

開催場所  愛甲郡清川村宮ヶ瀬940-4 宮ヶ瀬やまなみセンター 研修会議室 及び クリスマス会場
参加人数  20名(小学生以上で事前申込み)
持 ち 物 カメラ(含む予備電池)、三脚、懐中電灯、雨具等


申込先 公益財団法人宮ヶ瀬ダム周辺振興財団 (HPはこちら)
        電話 046-288-3600 受付時間 9時から17時(月曜休)  

主  催 (公財)宮ヶ瀬ダム周辺振興財団        

宮ヶ瀬湖の魅力発信中。 参加お待ちしております。


2012/12/04(Tue) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012夏景色 岩礁の月明かり
今年の夏に撮影した作品を少しずつアップしていこう。

月明かりの岩礁を撮影しようと思い、満月の頃に伊豆の海岸へ訪れる。

夜の海は日中ロケハンで見た表情とはまるで違い、台風のうねりで大波が何度も岩礁に押し寄せて恐ろしいほどだ。
沖縄付近を通過するほどの距離にもかかわらず、ときどき驚くほどの波が足下近くまで押し寄せ、離れた岩の上から写すのが精一杯だった。
カメラザックを高台に移動し、波にさらわれないよう撮影には十分注意した。


陽が落ちてから月が昇るまでの間に撮影。
2012伊豆月光1
岩畳に打ち上げる波を、雲海のように表現するため長時間露光で撮影。
ND-8フィルターを使用し、シャッタースピードを遅くしている。


やがて、海上から月が昇りはじめた。
雲の多い空だったが、撮影には好都合だ。
2012伊豆月光2
満月は明るく長時間露光ではしろ飛びやゴーストなどが生じるため、雲に隠れたときを狙って撮影している。
ISO3200で、露光時間約45秒。


こちらは月を入れずに撮影。
足下の岩畳まで波が寄せるため、岩が濡れて輝いている。
2012伊豆月光3
感度を極端に上げて長時間露光をするとノイズが増えるため、ISO1000で約2分で撮影している。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2012/09/18(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012春色探し 13
続いて、長野県阿智村の駒つなぎの桜も訪れる。

源義経が馬をつないだという伝承のある桜は、樹齢400~500年と言われている。。


久しぶりに訪れたが、風格ある桜姿は健在だった。
満開時を見計らって、前の田んぼに水入れをしてくれる心遣いが嬉しい。
ただ数年前の台風で、前の枝が折れてしまったのが残念だ。

定番の撮影位置はカメラマンで混み合っていたが、月とのバランスの良い隅の方から捉える。
2012駒つなぎの桜
空に青さが僅かに残り、ライトアップの灯りが明るすぎない時間を見計らって撮影する。
超広角レンズで、水面に映る桜まで入れてフレーミングした。
新しいEOS-5DMarkⅢは高感度特性が優れ、ISO3200でもノイズは感じられない。
ISO3200、f11 9秒。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2012/05/22(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ