2014春花詣で 30
こちらは岩手県雫石町の小岩井農場の1本桜。

2014北東北春25
定番撮影地として有名な桜ですが、背景の岩手山が隠れていたため、違う角度から牧場のグリーンを入れて彩りの変化を見せました。
桜に日が当たり輝いた瞬間を捉えています。
桜に露出をあわせているため上部の怪しい雲の様子が描かれ、ひと味違う雰囲気になりました。

2014北東北春26
雲に隠れていた岩手山が見え始め、山腹に日が当たったタイミングで撮影。

X-T1で撮影。
2014/06/04(Wed) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2013春風に乗って 12
新潟県妙高高原にあるイモリ池を訪ねた。
訪れたときは残念ながら湿原の水芭蕉は咲き始めたばかりだったが、池には雪の塊が浮かんで面白い景色が広がっていた。

2013妙高春2
水中に広がる氷塊が面白かったため超広角レンズで前面に大きく捉え、背景に妙高山を見せて季節の移りゆく様子を表現した。
偏光フィルターを使っているが、効き方を調節して水面の青空の反射を残している。


水中に見える雪の塊の色合いに惹かれた。
2013妙高春1
水中からわずかに顔を出す枝をポイントにフレーミングし、青空の映り込みが消えないで水中の様子が表現できるように偏光フィルターの効き方を調節して撮影している。


EOS-5DMarkⅢで撮影。
2013/05/07(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2013春風に乗って 9
晴れと桜の満開を狙って、富山県朝日町の舟川に訪れた。
川の両側にソメイヨシノが植えられ、背景に残雪の山々を望むすばらしいロケーションだ。

舟川の先には僧ヶ岳をはじめとする立山連峰の山々が間近に迫り、和ませる景色が広がっている。
2013富山春2
桜の左右や奥には人工物が見えるため、それらをできるだけ避ける撮影位置から写している。


2013富山春3
清らかな川の流れを表現するため、ND16フィルターでスローシャッターにしている。


2013富山春4
より斜光線になり、シャッター速度がさらに遅くなったため、流れの表情も変わってきた。


EOS-5DMarkⅢで撮影。
2013/04/27(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の変更
9月に入ったのでタイトル画面を変更した。

月山の8合目に広がる弥陀ヶ原湿原は、背景には月山がそびえ、振り返ると鳥海山を眺望する雄大な景色を見ることができる。
地糖が点在し、9月末から草やナナカマドが色づいて早くも秋の風情を感じる。


冷え込んだこの日は、木道にうっすら霜が降りていた。
朝日が当たり出すと草紅葉は赤く染まり、地糖の水面は空を写し込んで青みを帯びコントラストが美しい。
月山弥陀ヶ原2

木道の側に広がる地糖に近づき、背景の鳥海山のバランスをとりながらフレーミングした。
PLフィルターを使うと、水面に空の映り込みが消えて黒くなるため要注意。
そこで湿原を境に、ハーフNDフィルターを使って水面を明るく描写しながら空の部分を落としている。


4×5カメラ リンホフテヒニカ2000で撮影。


2011/09/05(Mon) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2011春の彩り 10
鳥海山がこれほどクリアーに見えるのは珍しい。
せっかくなので山を取り入れた被写体を探す。

牧場に植えられたソメイヨシノも満開だった。
しかし、今年のサクラは少し色が悪いように思う。
鳥海山春景色1
サクラと鳥海山にピントを合わせるため、絞り込んだ上にプレビューを活用して慎重にピントを送っている。


牧場の隅にはツクシが群生していた。
鳥海山春景色2
逆光にツクシの群生が浮き出て、独特の色合いが美しい。
望遠レンズの最短撮影距離を使い、絞り開放で群生の一部にピントを合わせ、背景から浮かび上がらせて立体的に描いた。


高原を下りて、栗山池に立ち寄ると、逆光に輝くしだれ桜が美しかった。
鳥海山春景色4
絞りを浅くして、サクラの一部にピントを合わせ煩雑な背景をぼかしている。


EOS-5DMarkⅡで撮影。


2011/06/03(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ