月山・残雪とブナの新緑を訪ねる 最終回
山形県立自然博物園を訪ねる。

ブナ林を中心に広がる園内はいくつかの遊歩道が設けられ、年間を通じトレッキングで賑わっている。ブナの巨樹や原生林まで続いているが、時間の都合でネイチャーセンター周辺で被写体を探した。

新緑の淡い色合いに出迎えられる。幹の重なりに注意しながら望遠で引き寄せ、明るめのやさしい雰囲気に仕上げた。
新緑のブナ


園内を流れる石跳川。思いきり流れに近づき、超広角で雪解け水の飛び跳ねる様子を大きく捉えた。背景に残雪のブナ林を見せて、周囲の環境を表現。高輝度側階調優先で流れのディテールを引き出す。
浅春の流れ



豊富な被写体に、撮影会の参加者も喜んでくれただろう。
開催中は自分の作品作りばかり追いかけて、指導がおろそかになってはいけない。ポイントに皆さんを並ばせ各質問などを答えているうちに、気がつくと自分の三脚を立てる場所がなかったなどよくある事だ。また、デジタルカメラのプレビュー画面はフレーミングの説明にとても役立っている。

今回の宿は月山志津温泉まいづるやさんに大変お世話になった。
この季節の山菜料理や山形の味覚がテーブルに並び、大いに堪能する。また、濡れた全員のウェアや靴を乾燥してもらい、三脚もフロアーで一晩乾かしてもらった。温かい心遣いに感謝し、季節を変えてまた訪れたいと思っている。
まいづるや
2009/05/27(Wed) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る