東京春景色 神代植物公園
開花してから寒さが続いたため、今年は東京の桜を長く愛でることができた。

晴れて暖かくなったのを見計らって、調布市にある神代植物公園へ出かける。

例年、ソメイヨシノを追って咲き出すシダレザクラを写しに来たのだが、すでに散っていると思っていたソメイヨシノが、まだ健在だ。
池の水面には、散り桜が風に揺られて漂っていた。
神代植物園サクラ2
散り桜が風に乗って移動してしまったため、水面に映り込む姿をとらえる。
水面が揺らいで、動きが出たときに撮影。
PLフィルターを使うと、桜の映り込みが弱くなるため注意すること。


ヤナギもだんだん新緑に近づき、緑が眩しい。
神代植物園サクラ1
逆光に輝く桜とヤナギのグリーンのコントラストが美しかった。
超望遠レンズで狙い、単純な画面構成にする。
UVフィルターで微妙な桜色を引き出した。


足下には散り桜が落ちていた。
広がる桜の枝の影が交差して模様のようだ。
神代植物園影
超広角レンズで影をダイナミックに捉え、上部に桜の幹と芝生のグリーンを見せて奥行きを出す。
PLフィルターで地面の反射を取り、花びらをクッキリとさせている。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。

つづく・・・
2010/04/21(Wed) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
冬の八千穂高原 2
晴れの日を選んで、写真クラブの撮影会も実施した。


朝日が雪原に当たり始め、優しい色に包まれる。
2010冬の八千穂高原 4
広角レンズで鱗状の雪原を手前に配し、長く伸びた影を取り込み広がりのある風景とした。
遠景の林は暗くなるため、RAW現像時に明るく仕上げた。


キラキラした雪原に、レンゲツツジの影が長く伸びている。
2010冬の八千穂高原 5
影の部分を切り取り、露出をややアンダー目にして赤味と雪の質感を引き出した。


白樺純林に向かうと、ここにも影が伸びている。
奥に続く動物の足跡が微笑ましい。
2010冬の八千穂高原 6
16ミリの超広角レンズで、足跡に思い切り近づいて大胆にフレーミング。
足跡が影と重ならないよう慎重に立ち位置を決める。


淡い影が広がる雪原に、凍り付いた笹を見つけた。
2010冬の八千穂高原 7
超広角レンズで捉え、背景に白樺林を入れて周囲の状況を見せた。
あまりにも広角なので、自分の影や三脚の脚が写らないよう注意。

八千穂撮影風景
こんな時はローアングルに開脚できる三脚が有利だ。

上の4点、EOS-1DsMARKⅢで撮影。
つづく・・・

2010/03/07(Sun) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る