タイトル画面の変更
いろいろと追われ、ブログが滞り申し訳ない。m(_ _)m
また、少しずつアップしていくつもりだ。

タイトル画面を入れ替えた。

埼玉県小鹿野町両神地区にそびえるあずまや山。
両神国民休養地に指定され、森林浴の森百選にも選ばれている。
中腹には段上に植えられたハナショウブ園があり、梅雨の鬱陶しさを和ませる。
周辺には早春に咲く節分草や福寿草が群生する花園もあり、季節を変えて訪れるのも良いだろう。


両神ショウブ2
雨上がりの朝、霧を通して柔らかい光が差し込み、しっとりとした情景になった。


2010/05/28(Fri) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の入れ替え
タイトル画面を入れ替えた。

今年の特徴は、寒さと暖かさが一週間毎に変動する。
先週の厳しい寒さから、今週は春めいた暖かさになるそうだ。
新潟周辺に降り続いた雪も、今度は雪崩の心配だ。

梅の開花も例年より早く進んでいるようだ。
この神奈川県湯河原梅林は、斜面に紅梅白梅がバランスよく植栽され撮影しやすいと人気がある。

神奈川・湯河原梅林2

梅林の中は散策路が縦横にあるが、良い具合に梅に隠れて写しやすい。
紅梅白梅を彩りよく配置することがポイントだろう。
手前と奥の距離があるため、パンフォーカス描写はかなり絞らなければならない。


詳細は、日本カメラの「斎藤友覧の撮影地ガイド」で紹介しているので参考にしてほしい。


ペンタックス645NⅡで撮影。
2010/02/08(Mon) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の入れ替え
新年あけましておめでとうございます。
今年こそはブログ更新が滞らないよう努力しますので、
ご訪問のほどよろしくお願いいたします。


さて、新しい年を迎え、早速、今月のタイトル画面を入れ替えた。

福島県猪苗代湖は、日本で3番目に広い湖で全面結氷することはない。
強い西風が吹くと、湖水が岸辺の木々に付いて凍る「しぶき氷」が現れる。
この年は非常に寒さが厳しく、湖岸に打ち寄せる蓮の葉氷を見ることができた。

冬の猪苗代湖2


広角でできるだけ湖面に近づいて、氷の密集している部分を狙った。
対岸の磐梯山は雲に隠れて見えなかったが、山上にかかる雲が赤く焼け青氷との色の対比が美しかった。
波で氷が上下に揺れるため、静かになるタイミングでシャッターを切る。
2月上旬撮影。


ペンタックス645NⅡで撮影。


2010/01/05(Tue) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の入れ替え
タイトル画面を入れ替えた。


長野県辰野町にあるしだれ栗群生地。
傘状に垂れたしだれ栗が山一面に大小約1000本以上群生し、
国の天然記念物に指定されている。


しだれ栗1

冷たい雨が降る天候だったが、葉を落とした枝先に付いた水滴が光っている。
雨に濡れた老木の幹の質感が際だっていた。
ちょうど霧が流れ、煩雑な部分を隠してくれた。

ペンタックス645NⅡで撮影。


お知らせ
12/9~10にバス撮影会を開催いたします。(風景写真出版主催)
東京出発・夜行日帰りを設定しているので、早朝のブルーの世界に出合えるでしょう。
しだれ栗の他に、根羽村のたわわに実る柿の木も訪ねます。

お問い合わせ  風景写真出版 TEL 03-3815-3605

※まだ若干の空きがあるようです。


2009/11/29(Sun) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
日本カメラホームページ 撮影地ガイド
日本カメラホームページに連載中の、斎藤友覧の撮影地ガイドをアップした。
秋も後半、まだまだ写せる紅葉の撮影ポイントに追加して欲しい。


今回は、埼玉県新座市の平林寺境内の紅葉。
そう、当ブログのタイトル画面でも使用している。
境内が広いため、他にもいろいろなカットが写せるだろう。


紅葉前線も下降し、東京もそろそろ街路樹が色づいてきている。
この時期の被写体は、寺社や公園などに植栽された紅葉も多くなる。
建物が絡むような撮影では、影がうるさい晴天より曇りや雨の日を選ぶと風情が出る。



2009/11/17(Tue) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ