掲載誌の紹介 日本カメラ「写真の教室」No.45
掲載誌の紹介。

発売中の日本カメラ社発行「写真の教室」No.45の、「全国 ぜひ写したい定番撮影地ガイド」に掲載されている。

今回は、岐阜県の板取川周辺を紹介している。
そろそろ川の岩には、可憐なツツジが咲き出す頃だろう。
この時季、外に出るのが敬遠しそうな梅雨空だが、似合う被写体が多いエリアなのでぜひ探して欲しい。

写真の教室45




2011/06/13(Mon) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 日本カメラ「写真の教室」No.43
掲載誌の紹介。

発売中の日本カメラ社発行「写真の教室」No.43の、「全国 ぜひ写したい定番撮影地ガイド」に掲載されている。

今回僕が紹介しているのは、秋田県田沢湖周辺。
田沢湖は水深が日本一深い湖のため一面に結氷することはなく、岸辺の雪原と湖面の変化などを写すことができる。
田沢湖高原に上ると、また違った雪景色が楽しめるだろう。

雪景色に惹かれる人も多いが、条件が揃わないとなかなか難しい被写体だ。
天気や降雪状況にあわせて出かけることを勧める。


写真の教室43


2010/12/14(Tue) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 風景写真 9-10月号
掲載誌を紹介。

8月20日発売の風景写真9-10月号で、連載「パンフォーカスの聖地」に掲載されている。

今回は撮影スポット人気上昇中の南会津の観音沼。
雨の風情をたっぷりお楽しみください。

何と言ってもここのお勧めはの紅葉の美しさだが、どんな時期でも被写体を探すことができるのがこの沼の魅力だろう。
ちなみに今年からは、大駐車場が新設されて有料になっている。


風景写真10.9-10


撮影会参加者募集のお知らせ。

9月7日(火)~9日(木)と夜行プラス1泊でバス撮影会を開催する。(風景写真出版主催)

行き先は、この時期見頃を迎える福島南会津のソバ畑二景を訪ねる。
朝景のチャンスが2回あり、夜空の撮影も盛り込まれ、なかなか忙しい撮影会になりそうだ。
他に、水辺の景色も出かけるのでお楽しみに。

バス発着は、アクセスに便利な東京新宿になっている。
フィルムカメラ、デジタルカメラを問わず、たくさんの参加をお待ちしています。

お問い合わせ 風景写真出版 撮影会係 TEL 03-3815-3605
ツアーの詳細はwebページに出ています。

2010/08/20(Fri) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 風景写真 7-8月号
掲載誌を紹介。

6月19日発売の風景写真7-8月号で、巻頭口絵と連載「パンフォーカスの聖地」に掲載されている。

巻頭口絵「変幻・海の景」という総タイトルで海景色を特集しているが、その中で僕も発表している。
海のパワーという構成で、今年デジタルカメラで撮影した房総から九十九里の海を3点出している。

また、来年2011年度のフォトコンテストのテーマ部門「海」に、僕が審査員になっている。
今からせっせと写して、唸らせるような作品をどんどん応募して欲しい。

連載の「パンフォーカスの聖地」では、人知れずの滝を掲載している。
滝100選から撮影することもよくあるが、こうしたあまり知られていない滝を辿るのも好きだ。
案外、名瀑もあり、探し出したときの喜びは計り知れない。

どうぞじっくりご覧ください。

風景写真7-8




2010/06/18(Fri) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 風景写真 3-4月号
掲載誌を紹介。

2月20日発売の風景写真3-4月号で、巻頭口絵と連載「パンフォーカスの聖地」に掲載されている。

巻頭口絵では、「桜一会」の総タイトルで18名の写真家が各1点ずつ出している。
どれも見開きで掲載されているため、見応えがあるだろう。

僕は大判カメラで撮影した夕照の吉野山。
吉野というと霧がたなびく朝の景色に人気が集まるが、夕方の優しい色合いも気品がある。
1日、喧噪の中で咲き競ったあと、ほっと一息つく和みの時間のように思えてくる。

仲間の佐藤尚氏も掲載されているので、併せてご覧ください。


「パンフォーカスの聖地」では、起伏ある山の斜面に一面広がるカタクリ群生地。
今年は、同じ斜面に咲くヤマザクラと一緒になるか楽しみだ。


風景写真3-4月号





2010/02/22(Mon) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ