掲載誌紹介と只見町撮影地ガイドリーフレット
掲載誌を紹介。

2016風景写真910

発売中の風景写真9-10月号の巻頭特集「天上のプレミアム・ビュー」で、福島県只見町の六十里越峠から見た秋の朝景色が掲載されています。


撮影で訪れる方から、ポイントの問い合わせを多くいただくことから、只見町観光まちづくり協会さんがリーフレットを作成しました。
僕の撮りためた四季折々の作品で構成され、手書きの地図で手作り感たっぷりな温かい内容です。
撮影データも細かく載っていますので、撮影のお供にぜひどうぞ。

只見町風景写真パンフ

2016/08/24(Wed) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 デジタルカメラ・マガジン 11月号
掲載誌の紹介。

発売中のインプレスジャパン発行「デジタルカメラマガジン」2012.11月号の、「四季を感じる撮影地ガイド」で連載を担当している。

4名の写真家からテーマ別に構成され、僕は「日本らしい風景」を受け持っている。
今回は、美しい紅葉と渓谷を紹介している。

岩手県八幡平は紅葉撮影の代表に挙げられるスポットの一つで、標高差によって美しい色合いが長く楽しめる。
橋の上から簡単に写すことができる松川渓谷は、道路渋滞が起きるほど人気が高い。
周辺は泉質の違う温泉が点在し、情緒ある雰囲気がたまらない。

僕の担当は今回で最後。
1年を通して、穴場の場所や、定番地でも目線を変えて紹介したつもりだ。
季節を変えて訪れると新たな発見があるので、参考にしていただければと思う。
いろいろお世話になりました。

デジタルカメラマガジン2012.11


2012/10/26(Fri) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 デジタルカメラ・マガジン 10月号
掲載誌の紹介。

9/20発売のインプレスジャパン発行「デジタルカメラマガジン」2012.10月号の、「四季を感じる撮影地ガイド」で連載を担当している。

4名の写真家からテーマ別に構成され、僕は「日本らしい風景」を受け持っている。
今回は、霧漂う朝の湿原を紹介している。

青森県の八甲田は紅葉撮影のオススメスポットの一つで、朝から夕方まで被写体に事欠かない。
なかでも田代平は冷え込んだ朝は霧が漂い、ドラマチックな光景に出合えるポイントだ。
また八甲田は泉質の違う温泉が点在し、どこも風情たっぷりな宿ばかりで人気の高さが伺える。


また今秋は、さまざまなカメラメーカーが新機種を発表した。
誌面には比較写真も多く記載され、大いに参考になることだろう。
じっくり読んで、自分に向くカメラを探したい。

デジタルカメラマガジン2012.10

2012/09/20(Thu) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 風景写真9-10月号
続いて掲載誌をもう1冊紹介。

2012風景写真9-10


8/20発売の風景写真9-10月号で、特集ページの「紅葉風景 撮影地ガイド&撮影テクニック」で原稿を書いている。
そしてもう1つの特集ページの「風景写真家のデジタル仕事術」にも登場している。

今年の紅葉は何処を写そうかと、今から検討するのもいいだろう。
さらに読みながら、撮影技法も身につくことができるなんて一石二鳥だ。

2012/08/20(Mon) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 デジタルカメラ・マガジン 9月号
掲載誌の紹介。

8/20発売のインプレスジャパン発行「デジタルカメラマガジン」2012.9月号の、「四季を感じる撮影地ガイド」で連載を担当している。

4名の写真家からテーマ別に構成され、僕は「日本らしい風景」を受け持っている。
今回は、初秋の池を紹介している。

福島県にある観音沼森林公園内にある観音沼は紅葉撮影の人気スポットだが、いつ訪れても発見があり期待を裏切らないお気に入りの場所の一つになっている。
また周辺の畑には、そろそろソバの花畑がお目見えする。
朝夕の光に照らされた広大な花畑は圧巻だ。


デジタルカメラマガジン2012.9

2012/08/20(Mon) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ