南会津の紅葉巡り 最終回
峠付近に進むと、紅葉は最盛期を迎えていた。
全体的に黄葉の彩りは、透明感があり美しかった。
ようやく雨も上がり、傘から解放される。


道路沿いからでも、こうしたブナの巨樹を簡単に捉えることができる。
09昭和村photo10
枝ぶりと紅葉のバランスをとってフレーミング。
雨に濡れた幹が重厚な趣だった。
風で葉が揺れるため、ISO800で止めて撮影。



道のすぐ側には沼ができていた。
荒れた天候のおかげで、水面いっぱいに落ち葉が浮かんでいる。
09昭和村photo11
彩りのきれいな部分と映り込みに注意して俯瞰撮影。
偏光フィルターを調節して、落ち葉が鮮やかになり映り込みが消えないようにしている。



落ち葉の水面に映る、違う世界に惹かれた。
09昭和村photo12
レンズを通して見ると、初めてわかる面白さもある。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。


2009/11/27(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
南会津の紅葉巡り その4
翌日も昭和村に向かう。
宿泊した下郷町湯野上温泉の「民宿みやもと屋」を出発時は、回復しそうな天気だったが、
トンネルを抜けた途端、雨が降っていた。


白樺林の中にカエデの木がある。
昨年も同時期に訪れたときはちょうど見頃だっだが、今年はこんな状況だ。
風が吹くたび葉が落ち始めているが、色合いに風情を感じた。
09昭和村photo8
背景の白樺の重なりに注意しながらフレーミング。
奥にある、竹林のグリーンが隙間から見えるような画面構成にした。
このカエデは近くで見上げるよりも、離れて望遠レンズで狙ったほうがスッキリとまとまる。


彩りのある枝を抽出してみた。
09昭和村photo9
バックに2本の白樺を配置して、シンプルな画面構成で見せた。

どちらもカエデの彩りを鮮明にするため、偏光フィルターを効かせている。
風で葉が揺れるため、感度を800に上げて撮影。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。
2009/11/22(Sun) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
南会津の紅葉巡り その3
午後は昭和村へ向かう。


流れを取り囲む木々は、ちょうど紅葉の見ごろを迎えていた。
雨のおかげで葉が濡れ、遠くが霧に煙っている。
09昭和村photo6
流れと紅葉の彩りのバランスを考え、奥まで川が見える位置に三脚を立てる。
偏光フィルターを使うことで、木々の鮮やかさが増し、スローシャッターで流れが美しく描写できた。

この場合、偏光フィルターを最大に効かせず半分程度にすると、葉のテカリが出て臨場感を表現することができる。
状況に合わせて、偏光フィルターをコントロールをすることがベスト。


岩の上には、落ち葉が散り敷かれていた。
09昭和村photo7
小さな流れだが、落ち葉や岩盤が雨に濡れてしっとりした風情を出している。
こちらも偏光フィルターを使用しているが、
雨の撮影では、フィルターに付く水滴などに十分注意したい。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。




2009/11/19(Thu) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る