スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2013冬の色 5
ブログ更新が滞っている間、春がものすごく勢いでやってきた。
半月前は雪まみれで撮影していたのに、目まぐるしい季節の変動に驚いている。

引き続き、今年の冬に写してきた幾つかをご覧いただこう。

朝景を狙いに伊豆の城ヶ崎海岸へ訪れた。

岩畳を流れ落ちる海水が朝日に輝くタイミングで撮影。
2013伊豆冬1
流れる様子を美しく表現するために、スローシャッターにしている。
ND16フィルターを入れてシャッター速度を落とした。


岩礁に打ち寄せる波が朝日に輝いていた。
2013伊豆冬2
打ち寄せて跳ね上がる瞬間に撮影。
タイミングを合わせるのがなかなか難しく、数多く撮影した中からの1カットだ。
飛び散る波を線状に表現するため、1/13秒で撮影した。


EOS-5DMarkⅢで撮影。
スポンサーサイト
2013/03/20(Wed) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012秋の彩り ⑭
こちらも山形県西川町。
朝日が山の斜面に当たりはじめ、木々が立体的に浮き出した。


2012月山秋7
朝日が当たると木々が輝き出す。
風雪に耐えたブナが印象的で望遠レンズで抽出した。
やや離れたところから狙い、背景を立ち上げて影の部分にブナが入るようにフレーミングして引き立てた。


2012月山秋10
斜光線に浮き出す山の木々を狙う。
重なりに気をつけて撮影位置を決めている。


EOS-5DMarkⅢで撮影。
2012/12/07(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012秋の彩り ②
こちらも白駒池。


2012白駒池秋5
こちらは定番の被写体だが、あまりに綺麗に紅葉しているので撮影した。
水面に倒映するドウダンツツジまでをフレーミングして、静けさを表現した。


2012白駒池秋3
南側のボート乗り場から見ると、緑の中に黄色いダケカンバなどが点在する。
静かな池面と手前に水草を配置しフレーミングした。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2012/11/25(Sun) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012秋の彩り ① 
紅葉取材もようやく一段落。
ブログの更新がずいぶん滞っていたため、取材先でもいろいろな方から声をかけられた。
この秋撮影した作品を順番にアップしていくので、どうぞご覧ください。


さて、紅葉のスタートは長野県八千穂高原の白駒池から。
残暑が長引いてどうなるか心配したが、例年と変わらない美しい色合いを見せてくれた。

早朝は霧に覆われ何も見えない状態だったが、徐々に薄くなり対岸が現れてきた。

2012白駒池秋1
偏光フィルターを調節して、水面の消えずに紅葉が鮮やかになる部分で撮影した。


2012白駒池秋2
白樺の紅葉部分を望遠レンズで引き寄せた。
濃緑の常緑樹が画面を重くするため、配置に気を配ってフレーミングしている。


EOS-5DMarkⅢで撮影。
2012/11/24(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 デジタルカメラ・マガジン 10月号
掲載誌の紹介。

9/20発売のインプレスジャパン発行「デジタルカメラマガジン」2012.10月号の、「四季を感じる撮影地ガイド」で連載を担当している。

4名の写真家からテーマ別に構成され、僕は「日本らしい風景」を受け持っている。
今回は、霧漂う朝の湿原を紹介している。

青森県の八甲田は紅葉撮影のオススメスポットの一つで、朝から夕方まで被写体に事欠かない。
なかでも田代平は冷え込んだ朝は霧が漂い、ドラマチックな光景に出合えるポイントだ。
また八甲田は泉質の違う温泉が点在し、どこも風情たっぷりな宿ばかりで人気の高さが伺える。


また今秋は、さまざまなカメラメーカーが新機種を発表した。
誌面には比較写真も多く記載され、大いに参考になることだろう。
じっくり読んで、自分に向くカメラを探したい。

デジタルカメラマガジン2012.10

2012/09/20(Thu) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。