スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の入れ替え
タイトル画面を入れ替えた。


長野県辰野町にあるしだれ栗群生地。
傘状に垂れたしだれ栗が山一面に大小約1000本以上群生し、
国の天然記念物に指定されている。


しだれ栗1

冷たい雨が降る天候だったが、葉を落とした枝先に付いた水滴が光っている。
雨に濡れた老木の幹の質感が際だっていた。
ちょうど霧が流れ、煩雑な部分を隠してくれた。

ペンタックス645NⅡで撮影。


お知らせ
12/9~10にバス撮影会を開催いたします。(風景写真出版主催)
東京出発・夜行日帰りを設定しているので、早朝のブルーの世界に出合えるでしょう。
しだれ栗の他に、根羽村のたわわに実る柿の木も訪ねます。

お問い合わせ  風景写真出版 TEL 03-3815-3605

※まだ若干の空きがあるようです。


スポンサーサイト
2009/11/29(Sun) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
赤城 栗の原生林 2
赤城ふれあいの森は栗の原生林があり、古木が点在している。

森の中には倒れた樹もあり、まるでオブジェのように見えてくる。
頭の中で、「森のドラゴン」とネーミングを浮かべながら撮影。
赤城 森のドラゴン
周囲の森の雰囲気を活かしながら、やや広くフレーミングした。


この森には、「栗太郎」と呼ばれるひときわ大きい栗の巨樹がいる。
瘤がいくつもある幹にはツタが這い、重厚な面持ちだ。
寄生木と共存しながらたくましく生きている姿を捉えようと、樹の周りを廻っていろいろな角度から撮影する。
赤城 栗太郎
樹の真下から超広角レンズで見上げて撮影し、樹肌を鮮明に見せて迫力を出した。
新緑が透けて、瑞々しさがいっそう美しく見える。

見上げて樹を写す注意点は、四隅に注意し白く抜けないように気を配ること。
新緑が暗くならないように思い切ったオーバー露光をするが、失敗しないように段階露出は欠かせない。
EOS-1DsMARKⅢ 17-40mm +1EVで撮影。
2009/06/30(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
赤城 栗の原生林 1
レンゲツツジの撮影と一緒に、赤城ふれあいの森を訪ねた。

ここには栗の原生林があり、遊歩道で一周できるエリアに栗の原生木が点在している。
残念ながら霧は出なかったが、見上げると新緑が眩しい。

手を広げるように立つ古木の前には、朽ちた樹が横たわっていた。
赤城 森に還る
超広角レンズで倒木にせまり、絞り込んでパンフォーカス描写し、やがて自然に還る姿を表現した。


朽ちている樹からはカエデなど別の木が育ち、共存して生きている。
赤城 栗の古木
超広角レンズで印象的な部分を抽出。

超広角レンズの特性である人間の視覚を超えた描写が、別の世界を見せてくれた。
森の撮影では、作者の狙いをハッキリと表現することができる。

EOS-1DsMARKⅢで撮影。
2009/06/29(Mon) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。