2014撮影日和 5月編 3
池に沿って進むと、面白い形をした残雪が浮かんでいました。

2014新潟春7
新緑と残雪を軟らかく表現するため、アスティアモードで撮影しています。
水面に映り込む木々を描くために、ここでは偏光フィルターは使っていません。

2014新潟春9
鳥の羽のようにも見える残雪模様を、望遠レンズで抽出しています。
アイスブルーを鮮明に描くため、ベルビアモードに撮影。

2014新潟春10
雪残るブナ林を立体感の出るアングルから撮影しました。
新緑の色の分離を描くためにアスティアモードで撮影しています。

X-T1で撮影。
2014/08/11(Mon) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 2
大厳寺高原の池に日が差し込んできました。

2014新潟春3
朝日が強くなり、水面の残雪模様が輝いたタイミングで撮影しています。
ここでは青みを強調するため、風景モードで撮影してコントラストを上げています。

2014新潟春4
輝きが増して水面全体が明るくなり浮かぶ氷が浮き出てきました。
こちらはスタンダードモードで撮影し、水面に浮かぶ氷の質感を再現しています。

X-T1で撮影。
2014/08/09(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2013冬の色 1
2013年に入って撮影したカットを少しずつアップしていこう。

東京も冷え込みが早く訪れたため、公園の池にも早くから張っていた。

凍っている池の真下部分を偏光フィルターで覗いてみると面白い模様が現れた。
2013冬景色1
偏光フィルターを回転させ、虹色がもっとも美しく現れたところで撮影している。
この模様は微妙な光の反射でできているため、わずかでも角度が違うと見えなくなる。


普段は泳いでいる鴨だが、この日はアイススケートを楽しんでいた。
2013冬景色2


EOS-5DMarkⅢで撮影。
2013/02/02(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 デジタルカメラ・マガジン
掲載誌の紹介。

発売中のインプレスジャパン発行「デジタルカメラマガジン」2012.2月号の、「四季を感じる撮影地ガイド」で連載を担当している。

4名の写真家からテーマ別に構成されているが、僕は「日本らしい風景」を受け持っている。
今回は長野県八千穂高原の氷瀑を紹介している。
寒さが一番厳しいこの時季は氷がよく締まり、毎年同じ形にはならない自然のオブジェを楽しむことができる。
撮影は、足下に十分注意してください。

今月号も情報満載で読み応えたっぷりだ。

デジタルカメラマガジン2月号

2012/01/20(Fri) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2011師走の八甲田 4
昨晩降った雪で、表情は一変する。

ブナの幹には雪が凍り付き、枝先まで雪が付いていた。
2011八甲田冬8
フォルムの美しいブナ林を狙い、木々の重なりに注意しながら撮影位置を決定する。
凍てつく冬の姿を表現した。


蔦沼まで降りてみると、凍り始めた池の氷が面白い模様を描いていた。
2011八甲田冬5
模様の面白い位置から狙い、奥のブナ林まで見せて奥行きを出した。
夕方の撮影で風景がブルートーンになり、冷たさと神秘性がかもし出された。

EOS-5DMarkⅡで撮影。

どうぞ良いお年をお迎えください。

2011/12/31(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ