月山撮影会のお知らせ
あちらこちらから届く紅葉便り。
美しい彩りは実に魅力的ですが、最盛期ばかりが秋の被写体ではありません。

葉の落ちた木々の中に残る遅い紅葉はいっそう際立ち、詫び錆びの世界は作品作りにピッタリ。
また天気が冬型になると、山沿いは雨から雪に変わることも多く、落ち葉に積もる雪景色も十分期待できます。

2015山形月山秋
晩秋を迎えた月山地蔵沼。
朝日を浴びて、カラ松の黄葉がひときわ輝いていました。

こうした季節に撮影会を企画しています。

クラブツーリズム主催 写真撮影の旅
『斎藤友覧講師同行 晩秋のブナ・カラマツ黄葉の月山山麓めぐり3日間』【東京出発】
残席わずかです、お早めに!
2016/10/15(Sat) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 6
こちらは、雪がまだ残る山形県西川町月山山麓の地蔵沼。

2014山形春2
芽吹き始めた木々の緑が柔らかく、雪が残る沼を広くフレーミングして遅い春の訪れを表現しました。
芽吹きの色合いを出すために、X-T1のアスティアモードで撮影しています。

2014山形春1
静かな沼に映り込む、木々の姿を抽出しました。

X-T1で撮影。

2014山形春3
沼の畔に立つブナの新緑と、背後に雪残る水面を見せて季節感を表現しています。

EOS-5DMarkⅢで撮影。
2014/08/15(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の変更
グループ展が近づき何かと慌ただしいが、合間で少しずつアップしていこう。

まずはヘッダー画面から。

紅葉シーズンは人気のある福島県下郷町の観音沼も、冬の時期に訪れる人は少ない。
厳冬期になると沼の葦も倒れて一面白い世界に変わり、岸辺を歩くのも困難だ。
この時期はまだ積雪も少なく水面も見えるため、冬の表情が楽しめる。

2013ヘッダー12月2

雨から雪に変わり、見る見るうちに岸辺を白く覆っていった。
降りしきる雪を表現するためにシャッタースピードを速くするする必要があり、ISO感度を変えて最適なシャッター速度で撮影した。

12月撮影。

EOS-5DMarkⅡで撮影。

※12月12日(木)から始まるphotographers9人展でも、こちらの作品は和紙にプリントして展示いたします。

2013/12/05(Thu) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の変更
更新が滞り、ご心配をおかけいたしました。m(_ _)m
慌ただしい日々の合間に、変わらず撮影取材もこなしていたので、また少しずつアップしていければと思う。

まずはヘッダー画面を秋バージョンに切り替えよう。


月山の麓に広がる山形県西川町は豊富な自然に囲まれ、訪れる多くの人を魅了する。
なかでも志津キャンプ場入り口にある地蔵沼は、ブナ林に囲まれ四季折々の景色が素晴らしい。
とくに紅葉の彩りは定評があり、僕も昨年は数日滞在したが、移りゆく自然の美しさを堪能した。
今年も楽しみにしている。

2013ヘッダー10月2

朝日を浴びた紅葉の木々が静かな水面に映り込んでいた。
水面は錦秋色に輝き、美しい色彩を放っている。
沼の水草が覆うエリアに焦点を当てて、水面の間を活かすようにフレーミングし、盛秋の表情を捉えた。。

10月撮影。

EOS-5DMarkⅢで撮影。
2013/10/02(Wed) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012秋の彩り ⑳
美しく輝く、地蔵沼の水面に焦点を当てた。


2012月山秋56
水草の浮かぶ水面に斜光線による木々の影が伸び、陰影が美しかった。
対岸の紅葉が映り込む水面と水草をフレーミングし、秋の沼を表現している。


2012月山秋15
風が渡ると水面が乱れ、青空を反射して青く染まっていた。
絞りは深く、ISO感度を上げてシャッタースピードを早くし、波の模様を止めて描いた。

どちらも水面の映り込みを鮮やかに見せるため、ここでは偏光フィルターを使用していない。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2012/12/14(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ