スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の変更
すっかりブログ更新が滞ってしまった。
タイトル画面を変更し、気分を一新できればと思う。

夏の開田高原は日中の日射しは強いが、朝晩は気温がグッと下がりとても快適だ。
この寒暖差を利用して良質なそばができる。
このあたりは1回の作付けのため、8月中頃になるとあちらこちらに真っ白なそばの花畑がお目見えする。
木曽馬の里のそば畑は、道端にコスモスやオミナエシも植えられて彩りを添える。


開田高原DM2

満開に咲くコスモスを手前に配置し、青みの残る早朝のソバ畑を表現した。
遠くの木々には霧がかかり、高原の雰囲気を醸し出している。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。

スポンサーサイト
2011/08/04(Thu) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
初夏の八千穂高原
先日、主宰する写真クラブの撮影会で八千穂高原を訪ねた。

今年はツツジの開花が遅れたおかげで、白樺純林に向かうとレンゲツツジが満開だった。
2011八千穂高原3
手前に彩りも鮮やかで咲きの良いツツジの株を配して、奥の白樺林を見せている。
白樺の間に立つ新緑の木をポイントにして、 爽やかさを表現した。


八岳の滝も訪れた。
2011八千穂高原8
優美な滝なので全体を捉えても絵になるが、下部の落水の美しいところを望遠レンズで切り取った。
手前の岩に生えるシダなどのグリーンが瑞々しいので、滝と一緒に画面内にいれた。


EOS-5DMarkⅡで撮影。




2011/07/04(Mon) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2011新緑と水景色 奥会津 2
降り続く雨の中、福島県昭和村の白樺の純林に訪れた。


白樺の間に立つカエデの木。
秋は真っ赤な紅葉に染まり一際目を惹くが、新緑も美しい。
2011奥会津新緑2
白樺とカエデのバランスを考えながら立ち位置を決め、明るめの露出で爽やかさを引き出している。


一本の白樺に近づき、雨だれが幹をつたって落ちる様子を手持ちで撮影。
2011奥会津新緑3
幹をつたって流れ落ちる雨の雫が、まるで銀の糸のようだ。
カエデの新緑を背景に、少しアンダー気味の露出にして雨の雫を見せた。
このとき偏光フィルターを使うと、雫が消えてしまうので必要ない。


EOS-5DMarkⅡで撮影。

2011/06/23(Thu) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
初夏の景色を訪ねる 6
今年も訪ねる機会があったので、群馬県赤城高原白樺牧場に向かう。
前日から降り続いた雨も早朝にやみ、霧にけむって絶好のシチュエーションだった。


少し遅れ気味だったレンゲツツジも、ちょうど満開で迎えてくれた。
初夏赤城1
雨上がりで霧が立ちこめ、青みのある風景の中にレンゲツツジの色彩が鮮やかに浮かぶ。
バックが霧でも、グリーンの木々まではピントが欲しいので絞り込んでパンフォーカス撮影。


赤城高原のレンゲツツジは、今年も花付きの良く勢いがあった。
初夏赤城2
白樺とツツジを組み合わせるポイントは少なく、400ミリの望遠レンズで遠くの被写体を引き寄せた。
水滴がまだ残り、瑞々しさがあった。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。
2010/07/19(Mon) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
初夏の景色を訪ねる 2
乗鞍高原は訪れた頃、ちょうど白樺の新緑を迎えていた。


一の瀬園地の白樺も日が当たり出し、輝いている。
乗鞍高原3
逆光撮影は、深いフードで有害光を防ぐことがポイントだ。


乗鞍岳を背景にしたどじょう池では、水芭蕉の葉が大きく育って点在している。
ミツガシワは、まだ葉が出てきたばかりだった。
乗鞍高原4
点在する水芭蕉のグリーンが美しく、まるでキャベツのようだ。
株の間隔に注意して、立ち位置とカメラの高さを吟味して撮影。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。
2010/07/14(Wed) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。