春の花を追いかけて・2010 vol.3
水芭蕉を撮影後、桧原湖畔に出る。
この日の天気は曇りのはずだったが、朝日を見ることができてラッキーだ。


ぼんやりした雰囲気がいかにも春らしい。
2010裏磐梯春の桧原湖1
太陽が出た直後はギラギラしていたので、ゴーストを避けるために湖面を狙う。
キラキラと輝く湖面に焦点を当て、望遠レンズで切り取る。


穏やかな優しい朝の風景だ。
2010裏磐梯春の桧原湖2
山の重なりと太陽の位置を考えてポジションを決める。
上部の雲が、ちょうどハーフNDフィルターの役目をしてくれた。


一旦雲に隠れた太陽が、再び顔を出してくれた。
2010裏磐梯春の桧原湖3
春霞の薄ぼんやりした風景を望遠レンズで引き寄せ、ボートの航跡を活かして水面に動感を表現した。


桧原湖に流れ込む沢を橋の上から撮影。
2010裏磐梯春
タイミング良く木々の影が、雪解けで増水した沢に長く伸びていた。
シャッタースピードを上げて流れを止め、急流の雰囲気を高めている。
残雪の林の中を流れる濁流と強い光が、季節のうつろいを感じさせた。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。

2010/05/19(Wed) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
春の花を追いかけて・2010 vol.2
磐梯高原にも寄ってみる。

例年は木々の芽吹きや山桜も咲き出す時期だが、今年は様子が大分変わっていた。
細野地区のキャンプ場そばに咲く水芭蕉は、やっと出たばかり。
撮影をあきらめ別の場所を探してみると、ステッラ磐遊さんの前の湿原に群生しているを発見。
ご主人に了解を得て、敷地内から撮らせてもらう。

早朝に訪れる。
2010裏磐梯水芭蕉1
早朝の静寂な世界に咲く水芭蕉を、ブルートーンで捉える。
咲き揃った部分と背景の木々の配置を考えて撮影位置を決めた。


正面には磐梯山がそびえ、素晴らしいロケーションだ。
2010裏磐梯水芭蕉2
水芭蕉は湿原の奥に咲いているため、望遠レンズで切り取ることになる。
磐梯山を半分見せて、縦位置でフレーミングしてみた。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。




2010/05/15(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
トップ画面の入れ替え
トップ画面を入れ替えた。

福島県磐梯高原は、普通、裏磐梯と呼ばれている。
磐梯山を背景に数多くの湖沼が点在し、美しい景色が広がっている。
観光客はもとよりカメラマンにも人気が高く、四季を問わず訪れている。

五色沼は多くの沼が集まる総称で、遊歩道に沿って点在していることから多くの観光客で賑わう。
水の色に特徴があり、さまざまな色の沼が楽しめる。
とくに弁天沼は、目の覚めるようなブルーに誰もが惹きつけられる。
夏の五色沼・弁天沼2

暑い夏の日、抜けるような晴天の中で弁天沼の水の色が一段と美しかった。
昼ごろの光線に、水辺の草のグリーンが鮮やかに浮かび、コバルトブルーの水面と色の対比を見せた。
偏光フィルターで色彩をコントロールしている。

福島県磐梯高原五色沼・弁天沼
7月下旬 午前11時ごろ
2009/07/19(Sun) | 撮影地ガイド | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る