スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2013初秋の景色 4
群生する園内に入る。
やや見頃を過ぎたエリアもあるが、今年は早咲き遅咲きが同時期に咲いて量感があった。
平日でも観光客が多いため、広い景色が写せないのが残念だ。


2013巾着田4
低いアングルから群生の中から顔を出した一輪を狙って望遠レンズで捉えた。
背景のグリーンをぼかして花を引き立たせている。


2013巾着田7
夕方の光に照らされた群落の輝きを見せた。
シルエットになる木をポイントにして画面に変化を出している。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

スポンサーサイト
2013/10/25(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2013初秋の景色 3
見頃と聞いて、9月下旬に埼玉県日高市の巾着田の彼岸花群生地も訪れた。
まずは入り口付近から撮影を開始した。

2013巾着田1
望遠レンズの特性を利用して背景を大きく描き、花を浮き立たせている。
バックをグリーンにすることで色のコントラストを高めている。


2013巾着田2
地面にカメラを置いて超低アングルから撮影して、伸び伸びした花姿を描いた。
手持ちでオートフォーカス撮影。


EOS-5DMarkⅢで撮影。
2013/10/24(Thu) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012春色探し 9
続いて訪れた雨の日も風情がある。


地面もしっとり濡れたことで、全体が落ち着いた色になった。
2012ミツマタ
ミツマタの背丈が高いため、近くによると花に埋もれてしまい奥行きが表現できない。
そこで離れた場所から狙い、深さを出した。


この日は雨が一日中降り続き寒かったが、風は無かった。
おかげで背景の杉林が煙り、良い雰囲気だ。
2012ミツマタ2
杉林の重なりに十分注意しながら撮影位置を決めている。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2012/05/14(Mon) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012春色探し 8
東京の桜が終わる頃、神奈川県秦野市ヤビツ峠のミツマタ群生地に訪れた。

所有する諸戸林業さんに伺うと、昔、和紙すき用にミツマタを植栽する人がいたが、今は誰もいなくなりミツマタだけが増えていったそうだ。
杉木立の適度な木漏れ日と相性が良いのだろう。

例年は3月下旬から見頃を迎えるが、今年はこの寒さで大分遅れた。
桜の時期と重なったためか、訪れる人も少なかったようだ。


俯瞰できるミツマタの群生を見つけた。
2012ミツマタ3
杉林に群生するミツマタと、カーブする小径を一緒に捉える。
木々の重なりと配置に注意しながら撮影位置を決めた。


朽ちた倒木に、沿うように咲くミツマタ。
2012ミツマタ4
倒木を前景に、背景の森の様子を見せてフレーミングしている。


EOS-5DMarkⅢで撮影。


※ この辺りは諸戸林業さんの所有地のため、撮影する際は一言断って入山してください。
また、あちらこちらに駐車されて作業車の邪魔になり、大変迷惑をしているそうなので十分注意してください。
あと4月に入ると蛭が発生するので、蛭除けスプレーなど持っていくことを勧めます。

2012/05/12(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2011春の彩り 5
打ち合わせや所用の合間を縫って春景色を訪ねている。
そんなわけで、ブログがなかなか更新できず申し訳ない。

こちらは岩手県の西和賀町。
今年は開花が遅かったせいで、ここの群生地は連休中に見頃を迎えた。


早朝の湿原。
岩手水芭蕉2
ちょうど見頃の水芭蕉を大きく手前に取り入れて、自然に咲く林の環境を見せた。
早朝に撮影しているため、青みがかった情景が神秘的。


水面に映り込む木々を取り入れる。
岩手水芭蕉1
花の位置と、映り込む木々とのバランスを考えてフレーミングした。
偏光フィルターを使うと水面が黒くなるため使用していない。
そのため四隅が白く抜けないよう注意している。

町内にはオオヤマザクラが咲くカタクリ群生地もあるが、まだまだ開花したばかりで同時期の撮影にならなかった。

EOS-5DMarkⅡで撮影。
2011/05/20(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。