スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014春花詣で 19
こちらは群馬県沼田市の中発知の桜。

2014群馬春6
夕映えの微かな光が背後から桜を照らしていました。
離れて望遠レンズで狙い、空に桜が抜けないようにフレーミングしています。

2014群馬春7
日が落ちて、青味のある幽玄な趣を表現しました。
偏光フィルターは使わず、UV-L41フィルターで花びらの柔らかな雰囲気を描いています。
EOS-5DMarkⅢで撮影。

上発知の桜では夜桜撮影を試みました。

2014群馬春8
下から見上げる桜は上空に広がる星空が美しく、ISO感度を3200にして撮影しました。
露光中にライトで照らされたため、桜が浮かび上がりました。
見た印象に近づけるため、色温度を電球色にしています。
X-T1で撮影。

スポンサーサイト
2014/05/20(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014春花詣で 18
こちらもさくらの里。

2014群馬春4
霞む背後の山並みが美しく、満開の桜と共に春の雰囲気を盛り上げました。

2014群馬春5
園内にはミツバツツジも多く、この時期満開を迎えています。
広角レンズでツツジをダイナミックにフレーミングし、バックに妙義山を見せています。

EOS-5DMarkⅢで撮影。
2014/05/19(Mon) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014春花詣で 17
ソメイヨシノが満開になった群馬県下仁田町のさくらの里へ訪れました。

2014群馬春1
夜明け前、沈みゆく満月と桜を青い世界の中で描きました。

2014群馬春2
ソメイヨシノが咲き誇る斜面の桜を朝日の当たる瞬間に捉えました。
日陰の桜は青みがかり、色のコントラストが美しい刻です。

2014群馬春3
斜面の桜に朝日が当たり、背景から浮き出しています。
背景の木々が春霞でかすみ、春の空気感が醸し出されました。

EOS-5DMarkⅢで撮影。
2014/05/17(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 デジタルカメラ・マガジン 8月号
掲載誌の紹介。

発売中のインプレスジャパン発行「デジタルカメラマガジン」2012.8月号の、「四季を感じる撮影地ガイド」で連載を担当している。

4名の写真家からテーマ別に構成され、僕は「日本らしい風景」を受け持っている。
今回は、盛夏に出かけたい優美な滝を紹介している。

群馬県にある黄金の滝は、一見、山深く流れ落ちる秘境の滝かと思われそうだが、林道脇で温泉宿も近くにある行きやすいポイントである。
森に守られた滝からの落水は一枚岩の岩盤を滑るように流れていき、澄んだ水の色に心も洗われる気分だ。
何と言っても、天然の涼しさに撮影意欲も湧くことだろう。
実際、萩原先生も新製品レポート用に、K-30を持って撮影に来たようだ。

近くには撮影後の汗を流す温泉地も多く、名湯巡りも楽しめる。

デジタルカメラマガジン2012.8


2012/07/23(Mon) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 デジタルカメラ・マガジン 7月号
少々遅くなったが、掲載誌の紹介。

発売中のインプレスジャパン発行「デジタルカメラマガジン」2012.7月号の、「四季を感じる撮影地ガイド」で連載を担当している。

4名の写真家からテーマ別に構成され、僕は「日本らしい風景」を受け持っている。
今回は、透明感たっぷりな美しい渓谷を紹介している。

岐阜県川浦(かおれ)渓谷は、峠を越えると福井県という秘境の雰囲気を漂わせている。
板取川の上流部にあたり、エメラルドグリーンの水の色に誰もが惹きつけられることだろう。
板取地区は豊かな自然も魅力だが、板取川で釣れる鮎などの川魚もまた美味い。
日帰り温泉も充実し、思わず長居したくなるような場所だ。

特集記事も夏の撮影に相応しい滝の写し方で、読み応えたっぷりだ。


デジタルカメラマガジン7月号


2012/06/27(Wed) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。