2013夏の思い出 2
続いて、群馬県神流町の白水の滝。
白水の滝は叶山の斜面を湧水が苔をつたって流れ落ち、いろいろな角度から狙うことができる写真向きの滝だ。
暑い盛りに訪れたが、苔が青々として生育も良く、ちょうどタマアジサイが見頃を迎えていた。


2013夏群馬滝1
滝の側に咲くタマアジサイを見せて、季節感と共に爽やかな滝の雰囲気を捉えた。
花が風でぶれない程度のスローシャッターで、落水を美しく表現している。


2013夏群馬滝4
滝上に立つ低木をポイントに、望遠レンズで流れの美しい部分を引き寄せる。
雨に濡れたグリーンが瑞々しく際立っていた。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2013/10/10(Thu) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012夏景色 八千穂高原 6
こちらも北八ヶ岳の原生林。


シラビソだろうか、朽ちた幹から若木が伸びていた。
2012八千穂夏13
若い木をメインに狙い、新しい命の芽生える原生林を描いた。
ここでも木漏れ日に注意しながら撮影している。


苔の絨毯に守られて育つシダの若葉。
2012八千穂夏12
苔の中から生えるシダの若葉が可愛らしいため、部分をアップで抽出した。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2012/09/28(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012夏景色 八千穂高原 5
続いて北八ヶ岳の原生林に向かう。
白駒池周辺はシラビソ、トウヒ、ツガの原生林に囲まれ、足下には美しい苔に覆われていた。


木漏れ日が林を射し込み、苔をスポットライトのように照らしていた。
2012八千穂夏11
木漏れ日の射し込む場所を観察しながら、光が邪魔にならない位置からフレーミングして湿度感のある原生林の姿を描いた。
木漏れ日の処理の仕方次第で作品の善し悪しが決まるため注意したい。


苔に覆われた倒木は、やがて朽ちて土に帰っていく。
2012八千穂夏10
木漏れ日が当たるとしろ飛びしてしまうため、目立たない場所に移動するのを待って撮影した。
苔に覆われた倒木を前面に大きく捉え、原生林の雰囲気を表現している。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2012/09/27(Thu) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2011新緑と水景色 奥会津 5
数日後に恵みの森を再度訪れると、新緑の色が明らかに変わっている姿が確認できた。
緑一色になるのももうすぐだ。

雨に濡れたことで、新緑の鮮やかさが際立っていた。
2011奥会津新緑6
渓流を上から見下ろし、周囲の木々を取り入れて深い森の雰囲気を醸し出した。


苔むしたブナの樹に生えるひこばえが初々しい。
2011奥会津新緑7
表現意図をハッキリするために、ひこばえを中心に苔むした木々をフレーミングした。
明るめに露出してブナの葉の透明感をあらわした。


EOS-5DMarkⅡで撮影。


2011/06/28(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
初秋を写す 苔と流れ
9月におこなわれた風景写真出版主催の撮影会。
南会津のソバ畑とその周辺を訪ねた。


苔の岩をつたって落ちる水景色も撮影した。
2010ソバ畑撮影会6
湧水の清涼感に惹かれた。
道路の後ろから望遠レンズでフレーミングし、苔のモコモコ感がよく見えるように立ち上げている。


付近で小さな湧水を見つけた。
2010ソバ畑撮影会5
草の水に濡れて光るシズル感が美しく、広角レンズで手前に大きく表現した。
葉の濡れた輝きは、偏光フィルターを使わない方が綺麗だ。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。

2010/10/21(Thu) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ