2011紅葉だより その20
只見町の恵みの森にも訪れた。

今年の紅葉はすでに終盤を迎え、渓流は落ち葉で敷き詰められ、ゆく秋を感じる。
2011只見秋3
落ち葉の間を縫って、流れ下る様子をスローシャッターで捉えた。
偏光フィルターを使っているが、効き具合を調整して岩盤のテカリを残すようにしている。


EOS-5DMarkⅡで撮影。


昼食は「森林の分校ふざわ」で、つきたてのお餅をいただいた。
餡と絡めたお餅の他に、けんちん汁に入ったお餅、大根おろしの辛み餅や納豆餅など、いろいろなバリエーションを用意してくれた。
また食卓には皿に盛られた漬け物やトマトなども並び、和やかなお昼で参加者にも好評だった。
2011只見秋撮影会2


分校を前に記念撮影。
2011只見秋撮影会
お昼をもてなしてくれた、おばちゃん達も加わってくれた。


2011/12/02(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
秋色を探しに Vol.8
蔦沼までの散策路にもたくさんの被写体に出合う。

雪は気温の上昇で葉や枝に付いたものは落ちてしまったが、地面にはまだ残りいつもと違う秋景色を見ることができた。
水辺に目を向けると、たくさんの落ち葉が流れていた。
2010八甲田紅葉13
流れくる落ち葉を、適度なシャッタースピードでぶらして撮影。
この場合のポイントはシャッタースピードの加減で、デジタルカメラの場合はモニターを見ながら最適な流れ方にコントロールできるため、非常に有利だ。
偏光フィルターは、紅葉の鮮やかさと水面の映り込みを見ながら効き具合を調整している。


岸辺の落ち葉の間を流れる葉を、スローシャッターで表現。
2010八甲田紅葉14
画面内に静と動を見せることで、秋の風情を醸し出している。
ここでは流れが非常に緩やかなため、シャッタースピードは13秒だった。
シャッタースピードを遅くするために、ND-8フィルターを使用した。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。
2010/11/15(Mon) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の変更
タイトル画面を変更した。

最近では、新緑で光芒の作品をよく見る熊本県菊池渓谷だが、紅葉もなかなか素晴らしい。
見頃をやや過ぎた頃に訪れると、流れに落ち葉が積もっている。
流れの中にバランス良く落ち葉を配置し、スローシャッターで白くしている。

一番奥の広河原が写しやすく、浅い流れに入るため長靴の方がいいだろう。

菊池渓谷2

35㎜ キヤノンEOS-1Nで撮影。



2010/11/05(Fri) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
南会津の紅葉巡り 最終回
峠付近に進むと、紅葉は最盛期を迎えていた。
全体的に黄葉の彩りは、透明感があり美しかった。
ようやく雨も上がり、傘から解放される。


道路沿いからでも、こうしたブナの巨樹を簡単に捉えることができる。
09昭和村photo10
枝ぶりと紅葉のバランスをとってフレーミング。
雨に濡れた幹が重厚な趣だった。
風で葉が揺れるため、ISO800で止めて撮影。



道のすぐ側には沼ができていた。
荒れた天候のおかげで、水面いっぱいに落ち葉が浮かんでいる。
09昭和村photo11
彩りのきれいな部分と映り込みに注意して俯瞰撮影。
偏光フィルターを調節して、落ち葉が鮮やかになり映り込みが消えないようにしている。



落ち葉の水面に映る、違う世界に惹かれた。
09昭和村photo12
レンズを通して見ると、初めてわかる面白さもある。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。


2009/11/27(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
南会津の紅葉巡り その3
午後は昭和村へ向かう。


流れを取り囲む木々は、ちょうど紅葉の見ごろを迎えていた。
雨のおかげで葉が濡れ、遠くが霧に煙っている。
09昭和村photo6
流れと紅葉の彩りのバランスを考え、奥まで川が見える位置に三脚を立てる。
偏光フィルターを使うことで、木々の鮮やかさが増し、スローシャッターで流れが美しく描写できた。

この場合、偏光フィルターを最大に効かせず半分程度にすると、葉のテカリが出て臨場感を表現することができる。
状況に合わせて、偏光フィルターをコントロールをすることがベスト。


岩の上には、落ち葉が散り敷かれていた。
09昭和村photo7
小さな流れだが、落ち葉や岩盤が雨に濡れてしっとりした風情を出している。
こちらも偏光フィルターを使用しているが、
雨の撮影では、フィルターに付く水滴などに十分注意したい。


EOS-1DsMARKⅢで撮影。




2009/11/19(Thu) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ