スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の変更
9月に入っても、まだまだ暑い日が続いている。
秋風を求めてタイトル画面を変更。

栃木県那須町簑沢地区は旧奥州街道の伊王野から白河に向かう街道沿いにあり、昔、源義経が通ったといわれている。
彼岸花の里として知られ、畦の斜面が真っ赤になるほど群生した彼岸花が咲き乱れる。
ちょうど刈り入れを待つ色づく稲穂とマッチし、里山の風景に彩りを添えている。

最盛期は多くの人が訪れることから公園として整備され、地域の住民が下草を刈るなど花の保護に当っているそうだ。
開花時期に合わせてイベントもおこなわれている。

こうした穏やかな景色を見ながら、のんびり散策すると心も和むだろう。 


簑沢彼岸花2
花が密生している部分を手前に配し、土手のカーブを見せて奥行きを出した。
電柱や電線などの障害物を隠すのに苦労する。

ペンタックス645NⅡで撮影。
スポンサーサイト
2010/09/06(Mon) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。