月山・残雪とブナの新緑を訪ねる 最終回
山形県立自然博物園を訪ねる。

ブナ林を中心に広がる園内はいくつかの遊歩道が設けられ、年間を通じトレッキングで賑わっている。ブナの巨樹や原生林まで続いているが、時間の都合でネイチャーセンター周辺で被写体を探した。

新緑の淡い色合いに出迎えられる。幹の重なりに注意しながら望遠で引き寄せ、明るめのやさしい雰囲気に仕上げた。
新緑のブナ


園内を流れる石跳川。思いきり流れに近づき、超広角で雪解け水の飛び跳ねる様子を大きく捉えた。背景に残雪のブナ林を見せて、周囲の環境を表現。高輝度側階調優先で流れのディテールを引き出す。
浅春の流れ



豊富な被写体に、撮影会の参加者も喜んでくれただろう。
開催中は自分の作品作りばかり追いかけて、指導がおろそかになってはいけない。ポイントに皆さんを並ばせ各質問などを答えているうちに、気がつくと自分の三脚を立てる場所がなかったなどよくある事だ。また、デジタルカメラのプレビュー画面はフレーミングの説明にとても役立っている。

今回の宿は月山志津温泉まいづるやさんに大変お世話になった。
この季節の山菜料理や山形の味覚がテーブルに並び、大いに堪能する。また、濡れた全員のウェアや靴を乾燥してもらい、三脚もフロアーで一晩乾かしてもらった。温かい心遣いに感謝し、季節を変えてまた訪れたいと思っている。
まいづるや
2009/05/27(Wed) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
月山・残雪とブナの新緑を訪ねる 4
姥沢駐車場まで続く道路沿いからも、多くの被写体に出合った。

朝の逆光に光り輝く芽吹きの木々が眩しい。
芽吹きの色もいろいろあり、短い時期しか見ることができない景色だ。
偏光フィルターを使わず、弾ける光の様を写し込んでいる。
光る木々



雪解けを待ちかねたように水芭蕉が咲き出した。
蛇行する流れを見せることで、ようやく訪れた春の躍動感を表現した。
水芭蕉と流れ
2009/05/25(Mon) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
月山・残雪とブナの新緑を訪ねる 3
残雪のブナの森を歩く。
たどり着いた先には、ブナの木々に囲まれた沼が神秘な雰囲気を醸し出していた。

残雪の沼2


新緑の色合いと根開けがちょうどよい。
映り込む水面にときおり風が渡り、静かな時間が過ぎてゆく。
残雪の沼1


その後天気は急速に回復し、見上げると青空が広がり出す。
木々の重なりに注意し、影を活かして撮影。
残雪のブナ林3


今回、案内を快く引き受けてくれた地元のカメラマンK氏に感謝している。
道路沿いからでは分かりにくいポイントを、的確にガイドしてくれた。
彼の案内がなければ、このような被写体には出合わなかっただろう。
2009/05/24(Sun) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
月山・残雪とブナの新緑を訪ねる 2
標高が下がるとたちまちブナの新緑が現れ、道路からでも様々なシーンを見つけることができた。
バラエティに富んだ天候だったため、いろいろな光線を活かして撮影する。

みぞれ交じりの中、ブナの樹肌がしっとりと濡れ、淡い色合いをいっそう醸し出している。
強風のためISO800にし、雪が飛ばないよう高輝度側階調優先で撮影。
デジタルカメラの強さを発揮する。
残雪のブナ林1



翌日は午後から晴天になり、夕方の斜光線で写す。
手前の新緑に夕日が当たり、輝いた瞬間に撮影。雪に長く伸びた影が効いている。
残雪のブナ林2


2009/05/23(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
月山・残雪とブナの新緑を訪ねる 1
先週、ふぉとくらぶ遊主催の撮影会で山形県西川町の残雪のブナ林に出かける。
季節外れの寒波で雪が降るドラマチックな天候に、参加者は大喜び。

朝日は無理かとあきらめかけた頃、吹雪く空の向こうに太陽が現れた。
朝景


吹雪で樹肌に凍り付いた雪が、自然の厳しさを感じる。
よく見ると、芽吹いたばかりの新芽が痛々しい。
吹雪のブナ


EOS-1Ds MARKⅢ 高輝度側階調優先で撮影。
このような、ハイライトの微妙なディテールが必要なシーンでは有効である。
太陽や雪の質感が飛ばずに表現できた。

これからのデジタルカメラは、フィルムのダイナミックレンジに近づいていくようだ。




2009/05/22(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る