千葉の岩礁風景
先日、房総半島へ出かけた。
東京からアクアライン、館山道と行きやすく、また、この時期は暖かい千倉は花に彩られる。
土日のETC割引も嬉しく、ドライブに最適だ。

根本海岸の屏風岩へ干潮の時刻に訪れると、海面から出ている岩に青海苔がびっしり付いている。
そう、昨年も来ているが、いろいろ表情があるため飽きないポイントだ。


干潮の岩礁に残った潮だまりに、太陽が映り込んでいた。
2011千葉房総1
三脚をローアングルにして超広角レンズで潮だまりに近寄り、映り込む日差しを見せて早春の磯を表現した。
アンダー気味のカットを選び、日差しを強調してメリハリを付けた。


2011千葉房総2
隆起する岩に付いた鮮やかな海苔を見せながら、屏風のような岩礁の様子を望遠レンズで遠近感を圧縮して捉えた。


EOS-5DMarkⅡで撮影。

館山道のパーキングである、「ハイウェイオアシス富楽里」には必ず立ち寄る。
ここは、「道の駅・富楽里とみやま」と直結している休憩施設でもある。
二階にある売店は早くから開いており、ところ狭しに総菜が並んでどれも美味しそうだ。
ここでよく食べるのがいわしバーグ。
魚の臭みもなく、そのままでもいけるしっかりした味付けになっている。

2011/02/15(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る