ヘッダー画面の変更
2017斎藤友覧カレンダー「季の旋律」で、4月に使用している作品をヘッダー画面にしました。

トリミング前の画像はこちら。
2017saitoカレンダー4月


解説
荒々しい火口壁を見せる磐梯山麓に広がる高原台地は、普段は裏磐梯と呼ばれている。磐梯山の明治の大噴火によって作られた大小300を超す湖沼群が点在し、四季を通じて多くの写真家が訪れる。春の訪れは遅く、芽吹きや新緑時に桜や水芭蕉などの花景色を一緒に捉えることできる。桧原湖から少し入った畑の中に立つ、1本のオオヤマザクラ。周囲の山に守られるように成長し、清々しい華やかさを放っていた。淡い新緑も眩しく、逆光で桜が輝くタイミングで撮影した

FUJIFILM X-Pro2/XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR (59mm使用)/5月上旬7時頃・福島県北塩原村・晴れ
2017/03/31(Fri) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ヘッダー画面の変更
2017斎藤友覧カレンダー「季の旋律」で、3月に使用している作品をヘッダー画面にしました。

トリミング前の画像はこちら。
2017saitoカレンダー3月

解説
塩山周辺は古くから信仰と文化の中心として重要な役割を担い、甲斐源氏や甲斐武田家と深い縁を持つ神社仏閣が点在する。桜の名木も多く、古刹の慈雲寺に咲く「イトザクラ」を目指して訪れたところ、残念ながら見頃が過ぎていた。が、ふと、寺の横の畑に立つ1本のしだれ桜に目を奪われた。花丈はまだ低いが、枝を四方に垂らし濃いピンクの花色は華やかで勢いがある。根元には植えられた菜の花が雰囲気を盛り上げて、桜を画面いっぱいにフレーミングし里山の春を描いた。

FUJIFILM X-Pro2/XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR (124mm使用)/4月中旬6時頃・山梨県甲州市・晴れ
2017/03/01(Wed) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
月山撮影会のお知らせ
あちらこちらから届く紅葉便り。
美しい彩りは実に魅力的ですが、最盛期ばかりが秋の被写体ではありません。

葉の落ちた木々の中に残る遅い紅葉はいっそう際立ち、詫び錆びの世界は作品作りにピッタリ。
また天気が冬型になると、山沿いは雨から雪に変わることも多く、落ち葉に積もる雪景色も十分期待できます。

2015山形月山秋
晩秋を迎えた月山地蔵沼。
朝日を浴びて、カラ松の黄葉がひときわ輝いていました。

こうした季節に撮影会を企画しています。

クラブツーリズム主催 写真撮影の旅
『斎藤友覧講師同行 晩秋のブナ・カラマツ黄葉の月山山麓めぐり3日間』【東京出発】
残席わずかです、お早めに!
2016/10/15(Sat) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
第10回 月山の四季 フォトコンテスト
第10回月山フォトコンテスト



月山の四季 第10回フォトコンテスト
テーマ 月山の四季
撮影期間 平成27年12月~平成28年11月
応募締切 平成28年12月5日(月)必着
応募規格 カラープリント四つ切サイズ
 ※A4の自家プリントもOKです。

大自然に包まれた月山は四季折々の美しさに溢れ、僕も毎年さまざまな季節に訪れています。
これから、日一日と秋色に変化していく秋の表情は、また格別です。

第10回を迎えたフォトコンテスト、今年も僕が審査員をしています。
風景、スナップなどジャンルは問いませんので、たくさんの応募をお待ちいたします。

詳しくは月山朝日観光協会月山フォトコンテスト開催のお知らせをご覧ください。

月山朝日観光協会 
〒990-0792 山形県西村山郡西川町海味510  TEL 0237-74-4119
2016/10/14(Fri) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ふぉとくらぶ遊写真展ギャラリートークのお知らせ
第5回煌めくときDM1

第5回ふぉとくらぶ遊写真展「煌めくとき」
場所 ポートレートギャラリー/東京・四谷
日時 9月15日(木)-21日(水) 10:00-18:00 (最終日15:00まで)
無休、入場無料


ギャラリートークのお知らせ
9月17日(土) 14:30~ ※約1時間30分を予定しています。

出展している会員皆さんの作品を1点ずつ講評いたします。
81点を説明するため、一人1分でも1時間21分かかることになります。(^_^;)
長時間になりますが、どうぞお付き合いください。m(_ _)m

また当日は少々混み合うことと思います。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。

2016/09/15(Thu) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ