スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
冬の訪れ 1
先週、慌ただしい合間を縫って観音沼へ出かける。
うっすら積もる雪や薄氷を期待して訪れたが、前日の雨ですっかり溶けてしまった。
12月下旬に雨が降るとは、この冬は暖かいのだろうか。


沼の縁には枯れた葦が茂っていた。
ときおり風で揺れ、侘びしさを感じる。
2010観音沼・裏磐梯2
風で揺れている葦をぶらして動感をあらわす。
デジタルカメラは低感度が苦手のため、NDフィルターのNo.8を付けてみるとシャッタースピードは3秒ほどだった。

気温が低くなり、雨が雪に変わってきた。
地面を白くするほど降り続ける。ありがたい。
2010観音沼・裏磐梯3
ときおり背景が見えなくなるほど激しく降るため、手前にハッキリしたものを取り入れて画面を引き締めている。
降る雪をなるべく止めるために、ISO感度を上げる。
こちらは1/125秒で撮影した。

EOS-5DMARKⅡで撮影。

次回は年明けにお会いしましょう。
どうぞよいお年をお迎えください。(^o^)


スポンサーサイト
2010/12/30(Thu) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
板取川周辺の水景色 その2
先月下旬、風景写真出版が主催する、板取川周辺撮影会をおこなった。

梅雨時だったにもかかわらず、青空の下での渓流撮影となった。

清流の板取川は、目の覚めるようなエメラルドグリーンが美しい。
晴天に引き立つこの色を捉えるため、皆で河原に降りて撮影する。
板取川1
対岸のグリーンが水面に映り込んでいた。
カメラアングルを下げてみると、さらに鮮明に見える。


流れに目を向けると、水に青空が映り込んでいた。
板取川2
300mmで映り込み模様の印象的な部分を切り取る。
シャッタースピードは、1/20秒で流れのトロミ感が表現された。
ISO100でシャッタースピードを落とすため、ND-8フィルターを使用する。
このときは青空の反射を引き出すため、偏光フィルターは使わない。

こうしたカットを撮影会参加者にモニターで瞬時に見せているが、教材としてもデジタルカメラは大いに役立っている。

EOS-1DsMARKⅢで撮影。
2009/07/22(Wed) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。