お見舞い申し上げます
熊本や大分などで大きな地震が相次ぎ、心よりお見舞い申し上げます。

ニュースからの映像を見るたび、想像以上の被害に心を痛めております。
訪れたことのある市町村名が出てくると、果たして大丈夫だろうかと気になります。
雄大な景観や特徴ある水景色など魅力的な被写体が多い地域ゆえ、どうなっているか心配の種は尽きません。
親切にしていただいた地域の皆さんの優しさも忘れられません。

一連の地震が終息し、一刻も早く平穏な生活になるよう心よりお祈り申し上げます。
2016/04/18(Mon) | 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Photographers 9人展 無事終了
あけましておめでとうございます。

昨年の12月は想像通り慌ただしく過ぎ、気がつくと、東京で開催した100人展のお知らせもアップせずに終わっていました。(^_^;)
21日に開催したセミナー&トークも、たくさんの方にお越しいただきありがとうございます。


12月12日~18日まで開催したPhotographers 9人展も、たくさんの方にご来場いただきありがとうございます。
僕も1日1度は顔を出していましたが、作品の感想の他に使用した和紙の質問も多くいただき、盛況だったと感じています。
では、写真展の内容を簡単にご覧いただきましょう。

ギャラリーのある入り口に貼られた看板。
9人展スナップ2

それぞれがコーナーを割り振り、その面を自由に展示する形にしたが、厳選なあみだくじの結果、僕がトップバッター。
9人展スナップ3
総合タイトル「雪月花」というテーマで、それぞれ2点ずつ、雪景色、花景色、月のある風景を展示しました。
僕が今回使用した和紙はアワガミさんの「竹和紙」で、和紙の風合いを生かしながらもクリアな仕上がりが気に入っています。

開催日初日は、下の会議室で「和紙プリントによる風景写真の楽しみ方」という題目で僕のレクチャーをおこないました。
9人展スナップ9
今回使用した阿波紙の他、さまざまな種類の和紙にプリントした作品を回し、触って風合いを比べてもらい、和紙と風景写真の楽しみ方について解説しました。

そして後半は出展作家と一緒にトークショー。
9人展スナップ10
左から、佐藤尚さん、川隅功さん、山梨勝弘さん、山口高志さん。
日頃、誌面で見る写真家たちと、話がいろいろ脱線しながらも和やかに終わることができました。

機会がありましたら、またお目にかかりましょう。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2014/01/04(Sat) | 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2012美しい風景写真100人展 仙台展トークショー無事終了
富士フイルムと隔月刊「風景写真」の合同主催による「第8回美しい風景写真100人展」は、2月7日(木)から仙台展が開催されている。
そして昨日の2月9日(土)は、イベントとして石川編集長とトークショーをおこなった。
どのくらい来てくれるか少々心配だったが、定員をオーバーし追加の席を設けたほどの盛況ぶりだ。
わざわざ遠くからお出でいただきありがとうございます。

石川編集長との話も弾み終了時刻をかなりオーバーしてしまったが、何か一つでも記憶に残り、これからの撮影に役立っていただければと思う。

仙台展はまだまだ続いていますので、素晴らしい日本の風景をご堪能ください。
僕も1点出展しているのでどうぞご覧ください。

2012-100人展2

2012美しい風景写真100人展

富士フイルムフォトサロン/仙台
春夏No.1-50 2月7日(木)-12日(火)
秋冬No.51-100 2月14日(木)-19日(火)
10:00-17:30



2013/02/10(Sun) | 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
宮ヶ瀬湖畔桜撮影会レポート 後編
昼食をはさんで、午後は湖畔の桜を写す撮影実習をした。

実習ではいろいろな質問に答えていく。
また、撮影した僕のモニターを見せながらアドバイスしたが、広い景色の中からどう抽出するか参考になっただろう。


一緒に撮影したのがこちら。
2012宮ヶ瀬湖3
満開の桜に沿うように咲くモクレン。
桜の枝の間から見えるバックの山のブルーが、良いコントラストで桜を引き立てていた。
離れて望遠レンズで狙い、桜がブルーの背景に入るように画面構成している。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2012/04/20(Fri) | 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
宮ヶ瀬湖畔桜撮影会レポート 前編
4月15日(日)に宮ヶ瀬ダム周辺振興財団主催の宮ヶ瀬湖畔桜撮影会を開催した。

参加者も満員御礼となり、ずいぶん賑やかな撮影会になった。
中には僕のブログを見て参加した方もいて嬉しい限りだ。

午前中、まず研修室で桜の写し方を僕の作品を見ながらレクチャーする。
今回は公園など身近な場所での桜撮影に焦点を当て、最近の撮り下ろしなどを含めて解説した。

昼食後はいよいよ撮影実習だ。
最初はどう表現すればいいのか悩んでいた参加者も、少しアドバイスをすると狙い方も変わってきた。
ぜひ応用して、いろいろな被写体に挑戦して欲しい。

実習後、再び研修室に戻り、希望者を募って撮影したばかりの作品の講評などをおこなった。
僕の作品も映写したので、いくつかご覧いただこう。


これらは当日少し早めに到着して、レクチャー開始前に撮影したカット。
2012宮ヶ瀬湖1
湖畔のソメイヨシノはちょうど満開を迎え、青空が映り込む湖水が美しかった。
展望台から桜越しに湖を見せ、山の斜面に芽吹きの木を取り入れて季節感を表現した。


EOS-5DMarkⅢの機能を利用して、多重露光で写してみる。
2012宮ヶ瀬湖2
園地に咲くミツバツツジを400㎜の望遠レンズで引き寄せる。
焦点をぼかす多重露光でやや明るめに仕上げ、爽やかさを出した。


どちらもEOS-5DMarkⅢで撮影。

後編へつづく・・・

2012/04/18(Wed) | 雑感 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ