スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の入れ替え
山から紅葉便りも届き始め、今年の色づきはどうなのか気になるところだ。

というわけで、トップ画面も紅葉気分に。


北海道のオンネトーは、コバルトブルーの湖面が静かに広がっている。
神秘的な美しさは透明度が高く、水底の倒木までよく見える。

オンネトー表紙小
ブルーの水面と、対岸の針葉樹の中に立つ紅葉の木々を取り入れた。
ときおり日が射し、風が渡って水面が輝き出す瞬間を選んで撮影。


北海道足寄町オンネトー
10月中旬 午前10時ごろ
スポンサーサイト
2009/09/28(Mon) | 撮影地ガイド | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の入れ替え
風景写真主催の撮影会終了後、撮影取材や打ち合わせなどが重なり、ブログも少し滞ってしまった。
少々締め切りに追われているが、合間を縫って作品をアップしていくつもりだ。

さて、気分を変えてトップ画面を入れ替えた。

彼岸花はその名の通りお彼岸の頃に咲き出す。
田圃の畦によく見るのは、毒草のためネズミ除けに植えられていたのだろう。

栃木県鹿沼市の粟野川沿いに咲く彼岸花。
ここの特長はゼンマイの中に群生している。
夏の終わりに地元の保存会の方々が下草を刈り取ってくれるので、新緑のゼンマインが瑞々しい。
彼岸花2

ゼンマイのグリーンと、赤い彼岸花のバランスを考えてフレーミング。
背景の木立を少し見せて、奥行きを確保した。


栃木県鹿沼市粟野川沿い
9月下旬 午前9時ごろ
2009/09/05(Sat) | 撮影地ガイド | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
トップ画面の入れ替え
トップ画面を入れ替えた。

福島県磐梯高原は、普通、裏磐梯と呼ばれている。
磐梯山を背景に数多くの湖沼が点在し、美しい景色が広がっている。
観光客はもとよりカメラマンにも人気が高く、四季を問わず訪れている。

五色沼は多くの沼が集まる総称で、遊歩道に沿って点在していることから多くの観光客で賑わう。
水の色に特徴があり、さまざまな色の沼が楽しめる。
とくに弁天沼は、目の覚めるようなブルーに誰もが惹きつけられる。
夏の五色沼・弁天沼2

暑い夏の日、抜けるような晴天の中で弁天沼の水の色が一段と美しかった。
昼ごろの光線に、水辺の草のグリーンが鮮やかに浮かび、コバルトブルーの水面と色の対比を見せた。
偏光フィルターで色彩をコントロールしている。

福島県磐梯高原五色沼・弁天沼
7月下旬 午前11時ごろ
2009/07/19(Sun) | 撮影地ガイド | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
トップ画面の入れ替え
トップ画面を入れ替えた。

大石公園は、河口湖の向こうにそびえる富士山のロケーションが素晴らしいところだ。
7月に入ると、湖岸のラベンダーが咲き誇り彩りを添える。

朝景を撮影しようと夜中から三脚が並ぶ撮影スポットで、誰もがラベンダーと富士山を狙う。
が、ふと東を見ると、朝日が湖に差し込み始め、爽やかな雰囲気が漂っていた。

空とラベンダーの露出差が大きいため、ハーフNDフィルターで空の明るさをコントロールしている。

山梨県富士河口湖町大石公園
7月上旬 5:00ごろ
2009/06/17(Wed) | 撮影地ガイド | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
トップ画面の入れ替え
数日前にトップの写真を入れ替えた。

この写真は風にそよぐビール麦を捉えたもの。
今の季節は麦秋と言われるように、収穫期を迎えた麦が黄色く色づく。とくに大柄で穂の長いビール麦は、風が吹くと一斉になびいて波のようにそよぐ姿が美しい。黄金色の畑は逆光に輝き、色彩のコントラストが効いている。

畑に風が渡った瞬間に高速シャッターで撮影した。できるだけ高い位置からフレーミングすると奥行きも出てピントも深くなる。風が渡る様子を観察し、光る穂をバランスよく画面に入れることがポイント。
また、スローシャッターで写すと、穂がぶれて動感が表現できる。

6月上旬 晴れ 15:00ごろ
撮影場所は栃木県高根沢町。
ビール工場があるため、作付けされている麦畑はその周辺を探してみると見つかるだろう。
 

2009/05/26(Tue) | 撮影地ガイド | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。