掲載誌の紹介 日本カメラ「画面構成を究める」
掲載誌の紹介。

発売中の日本カメラ社発行NCフォトシリーズ19「画面構成を究める」で、ギャラリー口絵と自然風景の記事を幾つか担当している。

作品のセンスは、画面構成で決まると云っても良いだろう。
画面構成というと構図やフレーミングを指すが、作品を構成しているライティング、露出、レンズ、カメラポジションやアングルを取り入れて解説している。
被写体別の項目で、それぞれ完成前の比較写真を示しているので分かりやすいだろう。
参考にして作品のレベルアップを目指して欲しい。


画面構成を究める


2011/02/24(Thu) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 風景写真 3-4月号
掲載誌を紹介。

発売中の風景写真3-4月号は桜特集だ。
桜撮影のテクニックがシーン別にして出ているが、僕はそこで「群生」を担当している。
桜並木や山腹などに群生する桜をどう表現するか、本番に向けてじっくり構想を練るにも良いだろう。

また、桜の撮影地ガイドもいくつか提供しているので参考にして欲しい。

2011.3-4風景写真

2011/02/23(Wed) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2010美しい風景写真100人展 福岡展セミナー無事終了
富士フイルムと隔月刊「風景写真」の合同主催による「2010美しい風景写真100人展」。
2月18日(金)から富士フイルムフォトサロン福岡で開催されている。

開催に伴い、2月19日(土)におこなわれた福岡展セミナーも無事終了した。
写真展とは別会場でおこなわれ、40席に倍近くの方が来てくれた。
聞くと、参加整理券も早々に無くなってしまったとか・・・
わざわざお越しいただきありがとうございます。

展示作品の講評交えたレクチャーと、僕の桜作品を見ながら天候別に解説したが、今回のセミナーの模様はユーストリーム配信でライブ中継されていた。
まだ過去のライブ中継を見ることができるので、参加できなかった方はぜひご覧ください。

ユーストリーム風景写真チャンネル
http://www.ustream.tv/channel/%E9%9A%94%E6%9C%88%E5%88%8A-%E9%A2%A8%E6%99%AF%E5%86%99%E7%9C%9F

今度は大阪展でお会いしましょう。

2011/02/21(Mon) | 日常 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2010美しい風景写真100人展 福岡展セミナー
富士フイルムと隔月刊「風景写真」の合同主催による「2010美しい風景写真100人展」。
ギャラリー全部を使って見応えのある風景作品が展示され、年に一度の恒例写真展として楽しみにしている人も多いだろう。

2月18日(金)から福岡展がおこなわれる。
川隅功先生のピンチヒッターで、セミナーを開催することになった。
川隅先生ファンの皆さん、申し訳ありません。

セミナー内容は2本立てを考えている。
1つは展示作品の解説と、もう1つは先日CP+でも好評だった桜の撮影法を解説する予定だ。
撮影に役立つ有意義な1時間半にしたいと思っている。

日程:2011年2月19日(土)14:00ー15:30
参加方法:セミナー当日13時より整理券を受付にてお配りします。
     直接、写真展会場へお越しください(事前申込は必要ありません)。

参加は無料なので、たくさんの参加をお待ちしております。

セミナーの様子は、ユーストリーム配信でライブ中継を予定しています。
会場に来られない方は、ぜひライブ中継をご覧ください!
詳しくは隔月刊「風景写真」へ。


「2010 美しい風景写真100人展」

場所 富士フイルムフォトサロン福岡
日時 春夏編 2月18日(金)-24日(木) 秋冬編 2月25日(金)-3月3日(木) 
   10:00-18:30 (土曜日16:30 最終日14:00まで 日休)

※僕の作品も、春夏編で展示されているのでぜひご高覧ください。

2010.100人展


2011/02/17(Thu) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
千葉の岩礁風景
先日、房総半島へ出かけた。
東京からアクアライン、館山道と行きやすく、また、この時期は暖かい千倉は花に彩られる。
土日のETC割引も嬉しく、ドライブに最適だ。

根本海岸の屏風岩へ干潮の時刻に訪れると、海面から出ている岩に青海苔がびっしり付いている。
そう、昨年も来ているが、いろいろ表情があるため飽きないポイントだ。


干潮の岩礁に残った潮だまりに、太陽が映り込んでいた。
2011千葉房総1
三脚をローアングルにして超広角レンズで潮だまりに近寄り、映り込む日差しを見せて早春の磯を表現した。
アンダー気味のカットを選び、日差しを強調してメリハリを付けた。


2011千葉房総2
隆起する岩に付いた鮮やかな海苔を見せながら、屏風のような岩礁の様子を望遠レンズで遠近感を圧縮して捉えた。


EOS-5DMarkⅡで撮影。

館山道のパーキングである、「ハイウェイオアシス富楽里」には必ず立ち寄る。
ここは、「道の駅・富楽里とみやま」と直結している休憩施設でもある。
二階にある売店は早くから開いており、ところ狭しに総菜が並んでどれも美味しそうだ。
ここでよく食べるのがいわしバーグ。
魚の臭みもなく、そのままでもいけるしっかりした味付けになっている。

2011/02/15(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
CP+セミナー 満員御礼
2月9日(水)から、カメラと写真映像の情報発信イベントCP+(シーピープラス)がパシフィコ横浜でおこなわれている。

2011.CP+1

会場内は相変わらず賑やかだ。
今年はそれぞれのメーカー内のブースで、セミナーが多く催されているのが印象的だった。

そして昨日は、僕のセミナーがエンジョイフォトステージであった。

僕のセミナーは15:30からだが、10:30には会場入りし担当の方と事前に打ち合わせをした。
2011.CP+3

15:00ごろ。セミナーホール入口にて。
2011.CP+2

セミナー風景。
内容が誰にでも人気のある桜撮影のレクチャーだったせいか、180席ある会場は立ち見の出るほどだった。
2011.CP+4

今回は天候別にして桜の捉え方を解説した。
光線や天気によって見方を変えると、実にさまざまな写し方がある。
セミナーを聞いた中で何か1つでも印象に残り、本番でぜひ役立てて欲しい。


2011/02/11(Fri) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の変更
今年は寒さが厳しいせいか、氷瀑や氷柱のできが良いそうだ。
先月は思うように行けなかったが、まだ間に合うようなので折を見て訪ねたい。

2月に入り、タイトル画面を変更した。

こちらは2月に訪れた田沢湖高原。
この辺りは風情ある温泉宿もあり、冬期でも道路が除雪されている。
川に点在する石の上には雪が積もっていた。
日が当たった時を狙い、雪に陰影が付いて立体的に描けた。
白い雪の質感が飛ばないように、露出は段階露光で決めている。

田沢湖高原冬2


ペンタックス645NⅡで撮影。


2011/02/01(Tue) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る