2011紅葉だより その3
栂池自然園のロッジに宿泊。
夜、月が出ていたため、玄関前で撮影する。

雲の流れが速く、月をどんどん通り過ぎていく。
2011栂池高原3
超広角レンズで捉えているが、この不気味な雲行きが幻想的に写った。
宿の灯りが木々を照らし、妖しげな赤い光になっている。
ISO2500のF11,30秒で撮影。


しかし翌朝は、強風と雪に見舞われた。
だが徐々に回復の兆しのため、東の空から太陽が出てきた。


先日の台風並みの強風だったため、ロッジの窓から撮影。
2011栂池高原4
朝日が木々に当たり出し、優しい色を放っている。
針葉樹を前景に、赤く染まる山の斜面を見せて朝の雰囲気を描写する。


EOS-5DMarkⅡで撮影。

2011/10/31(Mon) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2011紅葉だより その2
長野県栂池自然園にも訪れてみた。
しかし今年の紅葉は9月の冷え込みが少ない上に雪が数回降ってしまったため、残念ながら鮮やかな紅葉には恵まれなかった。

雲の多い空だったが、雲間から射し込む夕日にダケカンバが浮き上がっていた。
2011栂池高原1
望遠レンズで樹形の良いダケカンバを狙う。
光の動きを読みながら、陽が射した瞬間、背景が暗くダケカンバが浮き出た時に撮影している。


先日の雪や強風で、湿原の草が同じ向きに倒れていた。
2011栂池高原2
倒れた草の重なり方が面白く、超広角レンズでダイナミックに描写した。
上の部分に白い空を入れると表現が弱くなってしまうため、フレーミングに注意したい。


EOS-5DMarkⅡで撮影。

2011/10/28(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2011紅葉だより その1
写真展のあと、〆切りやら撮影会などが続き、すっかり更新が滞ってしまった。
遅ればせながら、今年撮影した秋の作品をいくつか紹介しよう。

今月上旬に訪れた、群馬県草津町にある武具脱(もののぐ)の池。
草津白根山に向かう国道292号線沿いにある小さな池だ。
池や湿原を木道で廻ることができる。

湿原のヤマドリゼンマイの枯れ葉色が、朝の光を受けて輝いていた。
2011志賀高原1
木道から、超広角レンズでヤマドリゼンマイの群落を大きく捉えている。


武具脱(もののぐ)の池にレンズを向ける。
2011志賀高原2
静かな池に風が渡るとキラキラと光り、動感がある。
逆光に光るススキを取り込み、背景に紅葉を見せて秋の湿原を描いた。
風が渡る瞬間に撮影するとススキが大きく揺れるため、感度を上げて高速シャッターを切っている。


EOS-5DMarkⅡで撮影。

2011/10/27(Thu) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の変更
10月に入り、打ち合わせや原稿の締め切り、撮影会などが続いて慌ただしかった。
ようやく峠を越えたため、遅くなったがタイトル画面を変更する。

秋田と岩手にまたがる八幡平は、標高差があるため長く紅葉が楽しめる。

昨年10月下旬、岩手の東八幡平からアスピーテラインで山頂に向かう途中、開けた右の眼下に大沼が見えてきた。
樹海の中にひっそりと水をたたえ、人を寄せ付けない秘めた強さが伝わってくる。

八幡平2

朝日が昇る頃から撮影していたが、だんだん霧が迫ってきた。
光る沼面と近づく霧のバランスを考えながら撮影。
手前に紅葉の木々を配し、立体的に仕上げている。

撮影後、霧があっという間に沼を隠してしまったため、松川渓谷へ移動した。

10月下旬、EOS-1DsMARKⅢで撮影。


2011/10/17(Mon) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る