北東北新緑日記 Vol.9
こちらは秋田八幡平の大沼。
沼周辺の湿原では、水芭蕉が終わってコバイケイソウの葉が伸び出していた。

ちょうど新緑を迎え、群生していると面白い景色だ。
2012北東北新緑33
超広角レンズで思い切り葉に近づき、葉の姿の面白さを前面に大きく捉えた。
カメラの高さを微調整して、前景と遠景とのバランスを取っている。


1本に着目し、アップで捉える。
2012北東北新緑34
カーブを描く葉脈の自然の造形をアップで見せた。


2012北東北新緑35
湿原の枯れ草の中に伸びる一株のコバイケイソウに生命のいぶきを感じた。
波打つ枯れ草の模様が不思議で、広めにフレーミングしている。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2012/08/30(Thu) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
北東北新緑日記 Vol.8
こちらも岳岱自然観察教育林内で撮影したカット。

岩の間から湧水が流れ出している。
2012北東北新緑20
岩の上に生えるブナと根元から湧き出る水を、超広角レンズでフレーミングする。
シダを中央に配して瑞々しさを表現した。


続いて八幡平に訪れる。

標高が上がるにつれて新緑から芽吹きの世界に変わっていき、残雪も多く見られるようになった。
2012北東北新緑22
樹林帯の中に夕日に輝くダケカンバを見つけた。
400㎜の超望遠レンズで残雪と共にフレーミングしている。


EOS-5DMarkⅢで撮影。
2012/08/22(Wed) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
北東北新緑日記 Vol.7
秋田県藤里町にある岳岱自然観察教育林に向かう。
6月上旬に訪れた時は、ほんの少し雪も残っていた。


木道を進むと、シダや蔦が生える1本の樹を見つける。
2012北東北新緑19
超広角レンズでシダの生える様子を大きく捉え、周囲の環境を見せた。


ブナの幹に寄生するシダ。
2012北東北新緑17
望遠レンズで逆光に輝くシダを引き寄せた。
古木の樹肌を見せて、共存する様子を描く。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2012/08/21(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 風景写真9-10月号
続いて掲載誌をもう1冊紹介。

2012風景写真9-10


8/20発売の風景写真9-10月号で、特集ページの「紅葉風景 撮影地ガイド&撮影テクニック」で原稿を書いている。
そしてもう1つの特集ページの「風景写真家のデジタル仕事術」にも登場している。

今年の紅葉は何処を写そうかと、今から検討するのもいいだろう。
さらに読みながら、撮影技法も身につくことができるなんて一石二鳥だ。

2012/08/20(Mon) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 デジタルカメラ・マガジン 9月号
掲載誌の紹介。

8/20発売のインプレスジャパン発行「デジタルカメラマガジン」2012.9月号の、「四季を感じる撮影地ガイド」で連載を担当している。

4名の写真家からテーマ別に構成され、僕は「日本らしい風景」を受け持っている。
今回は、初秋の池を紹介している。

福島県にある観音沼森林公園内にある観音沼は紅葉撮影の人気スポットだが、いつ訪れても発見があり期待を裏切らないお気に入りの場所の一つになっている。
また周辺の畑には、そろそろソバの花畑がお目見えする。
朝夕の光に照らされた広大な花畑は圧巻だ。


デジタルカメラマガジン2012.9

2012/08/20(Mon) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
只見町主催 撮影バスツアーのお知らせ
今年も紅葉時期に合わせて、只見町観光まちづくり協会主催のバス撮影会をおこないます。

東京新宿を朝出発し、一泊二日の撮影会。
只見町周辺の紅葉を状況に合わて撮影し、夜は写真セミナーを開催します。

先日の写真展会場にチラシを配布しておりましたが、毎回リピーターの多い人気の撮影会になっています。
参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。

10月28日(日)~29日(月) 朝出発一泊二日。 ※新宿発着になります
参加費 28,000円 (1泊4食付き)

申込先 只見町観光まちづくり協会
TEL 0241-82-5250

営業時間 8:30~18:00 年中無休

2012秋只見町撮影会


詳しくは、只見町観光まちづくり協会PDFをご覧ください。

2012/08/19(Sun) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
北東北新緑日記 Vol.6
主宰するふぉとくらぶ遊写真展も無事終わり、表彰式&レクチャーや撮影会などを慌ただしくこなしていた。
7/28におこなった、ふぉとくらぶ遊写真展講評会には多くの方がお出でいただきありがとうございました。

さて、もう立秋を過ぎたが、引き続き北東北の新緑作品をご覧いただこう。

晴れているので、日本海に出て岩礁風景を写す。
青森県深浦町は夕日スポットとして知られ、岩礁の撮影ポイントも多い。
潮の満ち引きを調べて出かけたい。


千畳敷付近の岩礁。
2012北東北新緑14
岩礁の間を流れる潮が逆光に輝いていた。
岩のバランスを考えながら立ち位置を決めたい。


須郷岬へ行く途中で夕日を迎えた。
2012北東北新緑15
沈む太陽は刻々と位置を変えるため、手前の岩のバランスに注意しながら撮影した。
水平線ギリギリに雲があり、この後は太陽が隠れてしまった。


EOS-5DMarkⅢで撮影。


2012/08/18(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る