2013秋景色回想 Vol.5
こちらも乗鞍エコーラインから撮影している。

昼頃の順光線に山腹の彩りが綺麗だった。
2013乗鞍秋9
順光線は木々の色彩が正確に表現できる光線だ。
しかし陰影が少なく立体感に欠けるため、緑の常緑樹を見せて色の変化を出し画面を立体的に描いた。


2013乗鞍秋10
道路脇の斜面に草花の姿が印象的だった。
白い花を中央に斜め方向からフレーミングして、流れるような草の姿を描いた。
光線状態が良かったため立体感が表現されている。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2013/12/08(Sun) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2013秋景色回想 Vol.4
乗鞍エコーラインを撮影しながら下っていく。

2013乗鞍秋2
眩しく輝く紅葉を、道路から俯瞰して光を感じるように捉えた。
紅葉の重なりに注意して立ち位置を決めている。
ここでは木々の輝きを描くため、偏光フィルターは使用していない。


2013乗鞍秋8
流れる雲が青空に美しく紅葉に映えている。
超広角レンズで紅葉を下から見上げ、流れる雲とバランスを取って撮影。
偏光フィルターで空の濃度を落とし、雲をクッキリとさせている。


EOS-5DMarkⅢで撮影。

2013/12/07(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2013秋景色回想 Vol.3
更新が滞ってしまったが、引き続き秋景色回想をお楽しみください。m(_ _)m

乗鞍高原からの日の出。

2013乗鞍秋6
雲海が朝日に輝き、神々しい情景だ。
広く雄大な風景を、見下ろす紅葉に日が差し込むタイミングで撮影した。
輝く雲海が白飛びしないように高輝度側階調優先をONにしている。


2013乗鞍秋7
雲海の中に紅葉を見せて立体感を強調した。
望遠レンズの圧縮効果で山並みと雲海を引き寄せ、その中に紅葉を置いて立体感を高めている。
全てにピントがくるように中央より僅か手前にピントを合わせ、プレビューで確認して微調整した。

EOS-5DMarkⅢで撮影。
2013/12/06(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タイトル画面の変更
グループ展が近づき何かと慌ただしいが、合間で少しずつアップしていこう。

まずはヘッダー画面から。

紅葉シーズンは人気のある福島県下郷町の観音沼も、冬の時期に訪れる人は少ない。
厳冬期になると沼の葦も倒れて一面白い世界に変わり、岸辺を歩くのも困難だ。
この時期はまだ積雪も少なく水面も見えるため、冬の表情が楽しめる。

2013ヘッダー12月2

雨から雪に変わり、見る見るうちに岸辺を白く覆っていった。
降りしきる雪を表現するためにシャッタースピードを速くするする必要があり、ISO感度を変えて最適なシャッター速度で撮影した。

12月撮影。

EOS-5DMarkⅡで撮影。

※12月12日(木)から始まるphotographers9人展でも、こちらの作品は和紙にプリントして展示いたします。

2013/12/05(Thu) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る