2014撮影日和 6月編 4
こちらも只見町。
早朝は、新潟との県境の国道252号線の六十里越峠の碑のある付近へ。

夜明け前のブルーに沈む田子倉湖です。
2014福島6月2
湖面に朝焼けが一瞬映り込んだタイミングで撮影しました。
山の稜線に立つ、送電鉄塔に注意しながらフレーミングしています。

只見湖に下りてくると湖面に霧が漂っていました。
2014福島6月3
背景の山の重なりに注意して、最適なレンズの焦点距離と撮影位置を決めています。
霧が立ち上って対岸の障害物を隠した瞬間に撮影。

2014福島6月4
霧が少し引いて水面に木々が映り込んだときに撮影しています。

X-T1で撮影。
2014/08/30(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 6月編 3
恵みの森での水の表情は実に多く、なかなか先に進むことができません。

2014福島6月9
日が当たり、木漏れ日が差し込むと水底の色合いが見えるようになりました。
シャッタースピードを速くして水面の様子を描き出しました。

2014福島6月21
茶色い岩盤を滑る水が輝き、躍動感に溢れています。
ここではシャッタースピードを遅くして、水面の輝きを増すようにしています。

2014福島6月16
特徴的な岩盤を流れ落ちる沢の様子を描きました。

X-T1で撮影。
2014/08/29(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 6月編 2
こちらは恵みの森の渓流風景。
2014福島6月19
奥から流れ来る渓流に新緑が映り込み、心地良い爽やかな風を感じます。
手前に印象的な流れを取り入れ、緑に溢れる渓流風景を描きました。

なおこのカットが、クリエイト銀座さんの受付付近に大きく伸ばして展示されているので、ぜひご覧ください。

2014福島6月17
同じ場所から岩盤を滑るように流れ、緑に染まる印象的な部分を抽出しています。

X-T1で撮影。

2014/08/28(Thu) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 6月編 1
6月は福島県只見町を訪ねました。

同じ時期に只見町はユネスコが認定するエコパークに登録。
以前より注目されるでしょうが、いつまでもこの豊かな自然を変わらずに残し続けて欲しいものです。

恵みの森に向かいます。、
ブナ森の中に一枚岩を流れる沢が続き、長靴を履いて進んでいきます。

渓流風景の他にも被写体は溢れていました。
2014福島6月6
新緑の枝が、幹から交互に張り出す姿に着目。
扇のように広げる枝の様子を明るめの露出で透明感を描きました。

2014福島6月8
苔に覆われた岩盤からしたたる水の姿が、清々しい表情を見せていました。
上部に生えるヒラギシスゲと共にフレーミングしています。

X-T1で撮影。
2014/08/27(Wed) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 11
山形県鶴岡市の荒沢ダム湖にも訪れました。
放流前の湖は雪どけ水を集め、湖岸の木々はすっかり水没しています。

2014山形春9
雨の中、湖から立つ木々の緑が一層際立っていました。
手前の木と奥の木々のバランスを取ってフレーミングしています。

2014山形春10
新緑の木をメインに背後の山が霧にけむる様子を見せ、縦構図で捉えています。

X-T1で撮影。

2014/08/22(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ふぉとくらぶ遊写真展が紹介されています
風景写真出版発行の「風景写真9-10月号」で、主宰する写真クラブ・ふぉとくらぶ遊写真展が掲載されています。

2014風景写真910月号

第4回ふぉとくらぶ遊写真展「煌めくとき」
場所 ポートレートギャラリー/東京・四谷
日時 9月11日(木)-17日(水) 10:00-18:00 (最終日14:00まで)
入場無料


来月、主宰する写真クラブ・ふぉとくらぶ遊の写真展が開催されます。
今年は10周年を迎え、第1回からテーマにしている「煌めくとき」では、それぞれが出合った景色のなかで心ときめいた一瞬を出展しています。
四季折々の景色、カラー全紙83点を色彩豊かに展示いたします。

2014ふぉとくらぶ遊DM3

会期中、写真セミナーを開催いたします。
どちらも僕の作品を映写しながら、技法やフレーミングなどをわかりやすく解説しますのでぜひご参加ください。

第4回ふぉとくらぶ遊写真展「煌めくとき」写真セミナー
講師 : 斎藤友覧

9月11日(木) 「風景撮影の極意・いまから役立つ紅葉撮影術」
9月15日(月) 「風景撮影の極意・いつでも役立つ水景色撮影法」

 時間 : 12:30-14:30
 会場 : 日本写真会館 3階会議室 (写真展会場のビルです)
 募集定員 : 各日15名
(当日はふぉとくらぶ遊会員15名と一緒の受講になります)
 参加費 : \1,000 (先着順、事前申込制)

 -----------------------------------------------------------

セミナー参加をご希望の方は、
お名前、電話番号、メールアドレス、参加希望セミナーをご明記の上、下記までお申し込みください。
※セミナーのお申し込みは、お一人様どちらか1つでお願いいたします。

 Mail: photoclub_yu@yahoo.co.jp
 問合せ フォトワーク遊 TEL/FAX 03-3988-0450

2014/08/21(Thu) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
掲載誌の紹介 デジタルカメラマガジン 9月号
インプレスジャパン発行「デジタルカメラマガジン9月号」の特集ページ「朝と夕の写真。」のなかで、斜光線を利用したドラマチックな風景を解説をしています。

2014デジタルカメラマガジン9月号

風景撮影において、朝夕の風景は外せません。
立体的に浮き出る斜光線は、ドラマチックな作品が生まれる光線です。
読んでポイントをつかみ、ぜひチャレンジしてください。

2014/08/21(Thu) | 情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 10
こちらは月山スキー場の先にある中台池。
秋は美しい彩りに包まれますが、この時期はまだ池に雪が残っていました。

2014山形春11
雪の下から起き上がったばかりの木々の芽吹きがメインに、雪残る池を見せました。

2014山形春12
池の入口に広がるブナ林はまだたっぷり雪が残っています。
雪を割って流れる小川には微かに霧が流れ、水芭蕉の葉を取り入れて遅い春を表現しました。

X-T1で撮影。
2014/08/20(Wed) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 9
山形県鶴岡市にある米の粉の滝は、ドライブインから簡単に見ることができます。
桜と一緒に捉えることができますが、訪れたときは藤が綺麗に咲いていました。

2014山形春14
新緑の木に絡む藤をメインに、奥に滝を見せて清涼感を描きました。

2014山形春13
滝の下に流れる渓流は雪どけ水で増水し濁流となっていました。
岸辺の新緑が瑞々しく、急流と共に捉えて季節感を出しています。

X-T1で撮影。

2014/08/19(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 8
こちらも山形県西川町。

2014山形春7
雨に煙る山の緑が爽やかで、点在する針葉樹をバランス良く配置して撮影しています。
芽吹きの色合いの違いにも注意してフレーミングしました。

こちらは雨の寒河江川。
2014山形春8
降りしきる雨の中、雪どけ水の濁流が流れる川と霧にけむる新緑の山を見せています。
濁流の力強い姿を描くように、シャッタースピードを速くして撮影しました。

X-T1で撮影。
2014/08/18(Mon) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
写真セミナーのお知らせ
第4回ふぉとくらぶ遊写真展の会期中、写真セミナーを開催いたします。
どちらも僕の作品を映写しながら、技法やフレーミングなどをわかりやすく解説しますのでぜひご参加ください。

第4回ふぉとくらぶ遊写真展「煌めくとき」写真セミナー
講師 : 斎藤友覧

9月11日(木) 「風景撮影の極意・いまから役立つ紅葉撮影術」
9月15日(月) 「風景撮影の極意・いつでも役立つ水景色撮影法」

 時間 : 12:30-14:30
 会場 : 日本写真会館 3階会議室 (写真展会場のビルです)
 募集定員 : 各日15名
(当日はふぉとくらぶ遊会員15名と一緒の受講になります)
 参加費 : \1,000 (先着順、事前申込制)

 -----------------------------------------------------------

セミナー参加をご希望の方は、
お名前、電話番号、メールアドレス、参加希望セミナーをご明記の上、下記までお申し込みください。
※セミナーのお申し込みは、お一人様どちらか1つでお願いいたします。

 Mail: photoclub_yu@yahoo.co.jp
 問合せ フォトワーク遊 TEL/FAX 03-3988-0450


2014/08/16(Sat) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
第4回ふぉとくらぶ遊写真展「煌めくとき」
2014ふぉとくらぶ遊写真展DM1

第4回ふぉとくらぶ遊写真展「煌めくとき」
場所 ポートレートギャラリー/東京・四谷
日時 9月11日(木)-17日(水) 10:00-18:00 (最終日14:00まで)
入場無料


来月、主宰する写真クラブ・ふぉとくらぶ遊の写真展が開催されます。
今年は10周年を迎え、第1回からテーマにしている「煌めくとき」では、それぞれが出合った景色のなかで心ときめいた一瞬を出展しています。
四季折々の景色、カラー全紙83点を色彩豊かに展示いたします。

会期中、写真セミナーのイベントを用意しましたのでぜひご参加ください。
※詳細は次のブログをご覧ください。

また、いつも好評をいただいているギャラリートークを今回も開催する予定です。
それぞれの作品を講評するため少々時間もかかりますが、撮影の参考にしてください。
ただいまギャラリー側と調整中のため、日程が決まりましたらお知らせいたします。

2014/08/16(Sat) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 7
こちらも山形県西川町。

まだ多くの雪が残るブナの森に入ると、雪に閉じ込められてた低木が起き上がり始めていました。
2014山形春6
広角レンズで足元の低木を主体にフレーミングし、奥に雪解けの川を見せて季節の移りゆく様子を見せています。

EOS-5DMarkⅢで撮影。

2014山形春4
根開けの始まった森で、特徴的なブナの姿を捉えました。
雨に濡れる幹の質感を瑞々しく描写。

2014山形春5
望遠レンズでブナの新緑を狙ってみました。
葉の先に雨のしずくが光り、やや明るめに露出して爽やかさを出しています。

X-T1 で撮影。
2014/08/16(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 6
こちらは、雪がまだ残る山形県西川町月山山麓の地蔵沼。

2014山形春2
芽吹き始めた木々の緑が柔らかく、雪が残る沼を広くフレーミングして遅い春の訪れを表現しました。
芽吹きの色合いを出すために、X-T1のアスティアモードで撮影しています。

2014山形春1
静かな沼に映り込む、木々の姿を抽出しました。

X-T1で撮影。

2014山形春3
沼の畔に立つブナの新緑と、背後に雪残る水面を見せて季節感を表現しています。

EOS-5DMarkⅢで撮影。
2014/08/15(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 5
続いて手取渓谷を代表する綿ヶ滝に訪れました。

2014石川春9
崖にしがみつくように咲くツツジをポイントに、せり出す新緑と激しい落水を取り入れて厳しい環境に耐えて咲く様子を描きました。
落水のディテールが描けるシャッタースピードを選び、ダイナミックレンジを200%に設定して撮影。

2014石川春8
勢いよく落下する滝を、高速シャッターで水の様子を描くよう撮影しました。
こちらはダイナミックレンジを100%に設定しています。

X-T1で撮影。
2014/08/14(Thu) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 4
こちらも手取渓谷。

2014石川春12
早朝のまだ暗い渓谷でブルートーンの流れを撮影しました。
こちらはEOS-5DMarkⅢで撮影。

明るくなってから撮影したのがこちら。
2014石川春7
神秘的な青さは失せましたが、雪どけ水の流れる独特の色合いに惹かれます。
縦構図で、狭い渓谷から差し込む光を捉えています。

2014石川春6
岩盤を伝って流れる細い落水が美しく、スローシャッターで水量を多く見せています。

X-T1で撮影。
2014/08/13(Wed) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 4
石川県白山市の手取渓谷に訪れました。
ちょうどヤマフジが見頃を迎え、新緑の中に爽やかな彩りを添えていました。

2014石川春1
撮影時はあいにく晴天で、しっとりとした風情を描くことはできませんでした。
影になる岩盤と花のコントラストに注意して露出を決めています。

2014石川春4
深い渓谷の向こうに見える白山を見せて爽やかな新緑を描きました。

X-T1で撮影。
2014/08/12(Tue) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 3
池に沿って進むと、面白い形をした残雪が浮かんでいました。

2014新潟春7
新緑と残雪を軟らかく表現するため、アスティアモードで撮影しています。
水面に映り込む木々を描くために、ここでは偏光フィルターは使っていません。

2014新潟春9
鳥の羽のようにも見える残雪模様を、望遠レンズで抽出しています。
アイスブルーを鮮明に描くため、ベルビアモードに撮影。

2014新潟春10
雪残るブナ林を立体感の出るアングルから撮影しました。
新緑の色の分離を描くためにアスティアモードで撮影しています。

X-T1で撮影。
2014/08/11(Mon) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 2
大厳寺高原の池に日が差し込んできました。

2014新潟春3
朝日が強くなり、水面の残雪模様が輝いたタイミングで撮影しています。
ここでは青みを強調するため、風景モードで撮影してコントラストを上げています。

2014新潟春4
輝きが増して水面全体が明るくなり浮かぶ氷が浮き出てきました。
こちらはスタンダードモードで撮影し、水面に浮かぶ氷の質感を再現しています。

X-T1で撮影。
2014/08/09(Sat) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2014撮影日和 5月編 1
残暑お見舞い申し上げます。

ここ最近、ブログは写真展や掲載のお知らせだけになっていましたが、撮り下ろしを少しずつ再開していきます。
春の続きになりますが(今さら)、残雪シーンも出てきますので涼んでいただければと思います。

こちらは大厳寺高原。
入口にある池の雪は、連休時にはすっかり溶けている年も多いですが、今年はまだ残って面白い模様を描いていました。

2014新潟春1
早朝は霧が深く、新緑の淡いブナが残雪の中に浮かんでいました。
霧は肉眼では薄く見えても、写真には結構ぼんやり写るものです。

2014新潟春2
霧の深い池に、一瞬、朝日が映り込みました。
池に浮かぶ雪を取り入れて、季節感を出しています。
X-T1を風景モードにし、なおかつ、ブルーを少し強調するようにセットして、見たままの色合いを再現しました。

X-T1で撮影。
2014/08/08(Fri) | 撮影日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る